雷が怖いので おまけのオマケ6(終)

1話戻る→   目次へ→

 体勢のせいか、確かに先程よりも奥まで指先が届いた。指先がイイトコロを捉えてしまえば、そこを擦るのが止まらない。彼の視線の真下で、アナルに指を突き立てズプズプと腸壁を擦った。
「ぁ゛あ、ああ゛あ゛、ぃい゛い゛っっ」
 注がれる視線に、先程よりもずっと彼に見られていることを意識させらるから、抑えの利かない声もあふれっぱなしだ。はしたなくて、イヤラシクて、恥ずかしくてたまらないのに、それもまた興奮に変わる。
「すごく気持ちよさそうだ。いい声だよ。可愛いね」
 酷い声を上げていると思うのに、可愛いなんて言われて、安堵しながら喜んでしまうからどうしようもない。
 けれどやっぱり体はもうそろそろいい加減限界だった。体はと言うか、アナルをぐちゅぐちゅと掻き回している指と手が限界だ。それでもどうにか快感を拾おうとして、腰をくねらせ揺らして突き上げてしまう。
 更にはしたない痴態を晒している自覚は頭の片隅にあった。勝手に体が動いてしまうのが辛い。
「ぁっ、あ゛っ、あ゛っ、や、やだっ、やだぁっ」
 別の片隅では、それもこれも全部全部薬のせいだと思いながら、それでも耐えきれない気持ちが声に乗ってこぼれ落ちた。ついでのように、涙もボロリボロリと流れ落ちている。
「えっちな動きも、必死なとこも、すごく可愛いから、もう一回くらい自分でイクとこ見せて貰おうかと思ってたけど、さすがにそれは無理そうかな」
 ペニス弄っていいよって言ったらもう一回イケるかと聞かれて、無理だと首を横に振った。言われるまで、お尻を弄るだけで快感を得ていたことに、まるで気づいていなかった。さっきは当たり前のようにペニスを同時に扱いていたのに。
「じゃあ指を抜いて。代りに、そうだな……」
 言いながら脇の棚へ手を伸ばした相手が、既に何度も使われたことのあるバイブを手に取った。それによって与えられる強烈な刺激と快感を思い出して、お腹の中がキュウと蠢く。アナルが指を締め付ける。
「これを自分でお尻に入れて、イイトコロに当てなさい。上手に当てられたら、自分で弄るのはおしまい」
 その後はいっぱいご褒美をあげようねと言いながら差し出されて、嫌だ無理だなんて言えるわけもない。準備として洗う以外に、自分で自分のお尻の穴を弄り回すのだって初めてだったのだから、当然、玩具を自分で挿入するのだって初めてだ。
 でも戸惑い緊張していたのは、アナルにバイブの先端を押し当てるまでだった。
 薬を塗られて発情し、散々自身の指で弄り回しながらも結局中ではイケていない体は、抜けた指の代わりを欲しがっている。弄りまくって蕩けたアナルは、埋めていた指より二回りほど太いバイブ相手でも、あっさり口を開いて飲み込んでいく。
「ぁああああ」
 さすがに苦しさはあるが、ミッチリとした質量とあちこちに施されたおうとつに、拡げられながら擦られる気持ち良さは格別だった。
「上手に飲み込めてるよ。そのまま、イイトコロに押し当てて」
 わかるよねと促されるまま、中を捏ねるように半分ほど埋め込んだバイブを動かせば、先端が前立腺を抉っていく。
「ぁ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っっ」
「当たったね。お疲れ様。手、放していいよ」
 よく出来ましたと酷く機嫌の良い声に優しく褒めて貰ったのを最後に、後はもう彼の与えてくれるキモチイイに翻弄されるまま、ひたすらに泣き喘ぐだけだった。
 結局何回イカされたのかわからない。途中からかなり朦朧としてしまった意識が少しずつはっきりしてきた時には、彼の腕に抱かれながら、彼の指が宥めるみたいにゆっくりとお尻を出入りしていた。お腹の中の疼きやアナルの淵の腫れぼったい痒みはだいぶ引いていて、ただただ緩やかに気持ちがいい。
「なに、して、の」
「今日は媚薬使ったせいで酷使しちゃったから、別の薬を塗ってるだけ。媚薬の効果はもう殆ど抜けてるだろ? どこか痛いか?」
「きも、ちぃ」
 正直に答えたら、ふっと柔らかに笑う気配がした。
 そのまま暫くの間、イかせる目的じゃなく優しい心地よさを与えられた後、今日は終わりと言われてシャワーブースへ促される。
 シャワーを浴びながら、今日のプレイを振り返る。媚薬を使われるプレイなんて二度とされたくないような気もするけど、でもすごく嫌な思いをしたかと言えばそんなことはなかった。結局最後には優しく甘やかされて終わっているし、あの時間が有るなら二度目があってもいいなと思ってしまう。
 こういうところ、本当、相手の思うつぼなんじゃないだろうか。なんて思ってしまう気持ちはあるものの、結局、彼の家を出る前に今日のプレイについて言及することはしなかった。もう嫌だと本気で言えば、ちゃんと考慮してくれることを知っているからだ。
 二度目があるかどうかは彼次第でいい。

<終>

プレイ30話へ→   本編21話へ→

彼らへのリクエストにお応えするのはこれで最後になります。たくさんのリクエストと長い期間お付き合い、本当にありがとうございました。

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP