雷が怖いので23

1話戻る→   目次へ→

 下手に大丈夫だなんて言っても、きっと強がりは見抜かれてしまう。あやされながら正直に言ってご覧と促されたら、縋るように好きだと口に出してしまうかもしれない。だから、感じ過ぎてなんだか怖いと伝えた。
 入れられただけで簡単に達してしまうという痴態を晒した後なので、きっと信憑性も高いだろう。というか、それだって不安の一部ではあるのだ。別に嘘を言っているわけじゃない。
 うんと甘やかしてやるの言葉通り、彼は優しく笑いながら、不安を払拭させるためか何度も頭をなでてくれた。
「俺は、俺に抱かれて、今までになく感じるお前を、見たいよ。怖いくらいに感じるのは、嫌か?」
 ふるふると小さく首を横に振る。だって感じすぎて怖い瞬間なんて、今までも何度もあったのだ。それを耐えて乗り越えれば、その先にもっと大きな快感が待っていることを、身をもって知ってしまっている。
「怖いの、最初だけ、だから」
「うん、いい子。ちゃんと、怖いの塗りつぶすくらいに気持いいばっかりにしてやるから、怖いの、少しだけ我慢しような」
 彼はこの体を持ち主である自分以上に知り尽くしているのだから、その言葉に嘘はないだろう。
 早くキモチイイばっかりで、何も考えられなくなればいいなと思った。好きだとか、嬉しいとか、だからこそ切なくなってしまう気持ちまで、全部キモチイイで塗りつぶして欲しい。
「お願い。なるべくはやく、うんと、きもちよく、して」
 甘えるようにねだってみたら、今度は気持ちよすぎて苦しいって言うことになるぞと苦笑された。でも、ダメとは言われなかった。つまりそれは、彼の中にも選択肢の一つとして存在している。
「怖いより、そっちが、いい」
「わかった。ならしっかり俺に捕まってな」
 はいと返して、ずっと近いままで居てくれた彼へ、そっと腕を伸ばした。そのまま首に腕を回して、ぎゅうときつく抱きつけば、動くぞの宣言とともに彼が腰を揺すりだす。
「お前のいいところをいっぱい突いて擦ってやろうな」
「ひぁああっ、あああ、ああ、ゃあぁ」
 そんな言葉と共に的確に、中のいい場所を激しく擦られ出して、悲鳴に近い嬌声を上げた。すぐにまた、頭の中まで熱く白くなっていく。
「やっ、やあ、きもち、ぃ……イ、く……いっちゃう」
「ん、いいよ。今日は我慢しなくていいから、好きなだけイきな」
「あ、ああ、……い、っくっっ……ん、あ、……待っ、て、イッた。いった、からっっ」
 一回止まってという訴えは、甘くて柔らかな声音の、ばかだなで一蹴された。
「怖いより、苦しい方がいいんだろ? 大丈夫。お前の体はすぐにまたイけるから」
 気持ちいいのだけ追いかけなと示唆されて、必死でうなずき、言われた通り気持いいを探して追いかける。体位を変えられると、キモチイイの場所も微妙に変わる気がした。
 望みどおり、余計なことを考えられないような状況で、吐精を伴うものもそうでないものも含めて散々イかされまくって、結局、好きなだけが何回になったのかはさっぱりわからない。途中意識が飛んでた時間もあったようだし、ずっとキモチイイ絶頂感が止まらい状態に陥った時間もあった。
 はっきりわかるのは、彼がイッたのは最後だけで、しかも外出しだった事くらいだ。ゴムを付けずに入れられたのはわかっていたから、そのまま中へ出されるのかと思っていた。
 なんで中に出してくれなかったの、とは聞けなかった。中に出されたかったと残念に思ってしまったことに、少なからず衝撃を受けていたからだ。中に出されたからって妊娠できるわけでもないし、ただただ後処理が面倒になるだけだという知識だってもちろんあるのに。
 何も考えなくて済むような、気持ちいいばっかりの初めてを終えたのに、終わってしまえば結局、目を逸らしたものたちと向き合う羽目になった。気持ちよく絶頂を繰り返した満足感や多幸感は、行為の後まで残らなかった。
 彼の甘やかしは続いていて、疲れきった体をいたわるように、温めた濡れタオルで全身を拭き清めたり、マッサージらしきこともしてくれたのに、気持ちはちっとも浮上しない。ありがとうございますの言葉は上滑りで、疲れ切ってるみたいだからこのまま少し眠るかという苦笑交じりの言葉に、すぐさまそうしますと返して逃げるみたいに目を閉じた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP