罰ゲーム後・先輩受2

1話戻る→   目次へ→

 お前どこまであいつに本気なのと、割合真剣な口調で聞かれたのは、二週間学食奢りの最終日である土曜のランチタイムだった。
 バスケ部の彼らはこの後部活で、自分はいつも通り教室に戻ってそれが終わるのを待つ予定だ。もちろんここに居る誰かを待つのではなく、正式に恋人となった男を待つためだけれども。
 つまりここに居る彼らは、自分よりも恋人であるバスケ部後輩のほうが付き合いが深い。ほとんどが中学時代にバスケを通じて知り合った顔見知りという感じで、はっきり友人なのは今もクラスが同じ一人だけだからだ。
 全く面識のなかった一年生男子と、知り合ってから一ヶ月足らずでごっこのつかない恋人になってしまったのは、彼らが仕組んで始めた罰ゲームがキッカケなわけだし、彼らからすれば、大事な期待の新入部員が自分たちのせいでヤバイ男に引っかかってしまった的な捉え方をしていてもおかしくない。というか多分その認識は間違ってない。
 だからもし、自分たちの交際に真っ向から反対してくる誰かが居るとしたら、彼らだろうと思ってはいた。いまのところ交際をぶち壊す気満々の敵意は感じていないけれど。
 今このタイミングなのは、来週からは揃って昼飯を食べることもなくなるから、その前に色々はっきりさせて置こうという感じなのかもしれない。
「どこまで、って、普通に本気でお付き合いしてるけど。というかこれ言うの二回目じゃない?」
 恋人宣言のあった日のランチタイムも、同様の質問をされていた。もちろんあの時も、本気で恋人になるよと返したはずだ。ただ、彼らの真剣さは格段に違うこともわかってはいる。あの時はほとんどが冷やかしで、大半が遊びの延長と思って言っているようだった。
 この様子だと、女の子の恋人と過ごすよりも気の合う後輩とつるんでる方が楽しいから女の子からの告白避けに恋人になっちゃいました、という誤解は解けてしまったか、もしくは疑う程度には真実が見えてきたんだろう。
 交際宣言から一週間と半分ほどが経過しているが、それが早いのか遅いのかはわからない。こちらからすれば、恋人となったのだから恋人として接しているというだけなのだけれど、罰ゲーム中には見せなかったような姿も一部晒しているようで、それが各所に波紋を呼んでいるらしいのは知っていた。
 ただ、罰ゲームじゃなくなったからと言って、元々学年も違う相手と校内でそうそうイチャつけるわけもなく、何を指して言われているかは若干不明でもある。そもそも、憶測で膨らんだ噂もあるに決まってる。
 しかも情報源は恋人なので、かなり厚めのフィルター越しに情報が伝わっている可能性も高かった。だって正直、自分自身の噂なんてどうでもいいのだ。ただそれが恋人になった相手へ向かうのはやはり申し訳ないと思うから、自分と恋人となったことで嫌な思いをしていないか尋ねていると言うだけで。
「それってさ、今までの彼女と扱い一緒って意味であってる?」
「一緒……ではない、かなぁ。さすがに男の恋人は俺も初めてだし、あっさり振られないように慎重にはなってる」
 周りに何か言われてないかと気にかけるのだって、その一つだと思う。今までの彼女相手なら、自分と付き合うことで何か言われるの込みで告白してきたんでしょってスタンスだった。
「でも校内でキスとかしてるって、噂になってんぞ」
「あー……まぁ、したいって言われて断る理由もないかなって、思って」
 認めれば、事実かよと何人かが項垂れたので苦笑する。
 あいつなら男相手でも校内でキスくらい平気でするだろって思われての、証拠なんてない、完全に単なる噂だったんだろう。そんな気はしていたから否定しても良かったんだけど、でも、事実か嘘かで言えば事実ではある。
 だって平日に家に寄って貰うことはないから、別れ際の駅前に高身長の制服男子二人がイチャツイてる姿を晒すより、自分たちが恋人として付き合っているという事実がそこそこ広まっている校内でイチャツクほうがまだましだろと思うのだ。
 なお彼女相手にはちょっと触れる程度のキスに、場所なんてものを考慮したことはほとんどない。学校から駅までの道のりだって、手を繋いだり肩を抱いたりとそれなりにスキンシップが取れていた。
 だから正直、校内でちょっとキスする程度じゃ、全然足りないくらいなんだけど。あまり派手にイチャツイて余計な噂が立つのも嫌で、これでも我慢してる方なんだけど。らしくなく慎重なのは、相手にそれだけ本気ってことだと自分では思ってるんだけど。
 いやでもそう思うと、ごっこではなく正式に恋人となったことで、相手に対するスキンシップ欲求は格段に上がっているようだ。罰ゲーム中も週末家の中で何度もハグして貰っていたけれど、校内で、家にいる時のように抱きしめて欲しいなんて思ったことは一度もなかった。
 罰ゲーム開始からずっと変わらず、部活終わりに教室まで迎えに来た相手が、自分たち以外誰もいない静かな教室で、キスしていいですかと初めて言ったのはいつだった?
 初めて恋人として週末を過ごした後の、今週月曜日だったはずだ。キスしていいかと聞かれたのは初日だけで、それから毎日、教室を出る前に軽いキスを一つ落としてくる。
 甘えたいの内容が、キスしてではなくキスしたいだった過去があったから、甘えられているのかと思っていたけれど、どうやらそれは勘違いだったらしい。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP