あの日の自分にもう一度6

1話戻る→   目次へ→

 みるからにイケメンの部類ではなくても、間違いなくブサイクの部類には入らないフツメンで、背は高いし優しいしノリもいいし器用だ。女の子にメイクの腕を披露する機会はないかもしれないけど、それ以外でもこの器用さは色々と活用されるだろう。
「どうした?」
「龍則って、モテそうだよな」
「え、何だよ突然」
「彼女作ろうとか思わねぇの? てか実は彼女いたりする?」
「もし彼女いたら、この状況はかなりの誤解を生みそうでヤバいな」
「てことはやっぱ彼女はいないんだ」
「いないな。あとまぁ、今の所そんな欲しいとも思ってないなぁ」
 やりたい事もやらなきゃいけない事も色々あって、デートとかにまで時間が割けない。というのが理由らしい。
「俺の女装にはノリノリで付き合うのに?」
「だって女の子とデートするより、紘汰の女装手伝う方が絶対面白いだろ」
 断言されてしまったが、そこからしてちょっと理解不能だ。
「なんでそんな面白がれるのか、イマイチわかんないんだよな。だって、どんだけ可愛くメイクしたって、俺相手じゃ付き合えもしないんだぞ?」
「んー、服とウィッグの力がでかいとはいえ、目の前で、しかも俺自身の手で、男から女になってくの、マジに面白いけどな」
 メイクでビフォーアフターすげー変わる動画見たことないか、と言われれば、確かに幾つか思い浮かぶ物はある。
「あれに感動するのと似てる。まぁ、今はそこまで大きな変化じゃないけど、腕磨いたら幾つもの顔作れる様になったりするのかも?」
「え、龍則が目指してんの、そこ!? メイク動画撮りたいとか言われても無理だかんな」
「言わねぇよ。絶対内緒にするって言ったろ。まぁ俺も、秘密にしとくのには賛成だしな」
「そうなの?」
「そりゃあ、だって、なぁ」
「なぁ?」
 何かを企んでいる意味深な笑みを見せられて首をかしげた。
「紘汰とって言うのはさすがに俺も抵抗あるけど、ハルちゃんとは付き合えるかも知れないし? それを他の男に邪魔されたくはないだろ?」
「ん?」
 何を言われているかわからなくて、ますます首が倒れそうだ。
「ハルちゃんて?」
 とりあえずは聞き慣れない名前について聞いてみる。
「春野紘汰のハル、に、女の子だからちゃん付けた」
「あーなるほど。てかズルい!!」
「は? ズルいってなんだ?」
「どんなに可愛くなれたって、俺は俺と付き合えないのに! って、あ、今のナシ」
 余計なことを言ってしまったと気づいたけれど、今のナシ、なんて言葉でなかったことには当然ならない。
「何、自分と付き合いたいの? もしかして紘汰が女装すんのって、自分の女装姿がタイプだったりするから?」
「いやホント、聞かなかったことにして。てかナルシストっぽくてキモいのは自覚してるから。わかってるから」
「いや別にいいんじゃね?」
「いいって何が?」
「女装した自分が好みの女だって。てか好きな女のイメージで服とかウィッグとか選んだら、そうなってもおかしくないだろ。俺がそれやっても女装そのものがキモくなってダメそうだけど、紘汰は女装似合ってんだしさ」
 ケロッと当たり前みたいに言われると、そういうものかと思ってしまいそうになる。確かにナルシストでキモいと肯定されて笑われるよりずっといいのに、なんとなく困った気持ちになるのはなんでだろう。
 それに、こんなに優しくていい男なのに、彼女要らないとか言ってんのも勿体無いよな。と思ったところで、先程のハルちゃんとは付き合えるかも、という言葉を思い出す。思い出したら、ドクンと心臓が大きく跳ねた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。