俺が眠らせてあげるから4

1話戻る→   目次へ→

4章 友だちになりたい

【修司の家の寝室】
ベッドで二人とも横になっている。

ケイ:修司さん眠そう

修司:うん、ごめん……

ケイ:ううん、謝らないで
  :俺と一緒に横になってると安心して眠くなるってのは
  :普通に嬉しいと思ってるし

修司:でも

ケイ:それにほら
  :今夜はロングコースで朝まで一緒だしさ

修司:今夜は、って言うけど
  :最近は後の予定なかったら勝手に泊まってくよね?

ケイ:それは、そうなんだけど
  :でも俺が泊まっても、迷惑、ではないでしょ?
  :シュンさんにもずっと内緒にしてくれてるし
  :(それが二人だけの秘密っぽくて嬉しいんだよな)

修司:迷惑ではないけどやっぱり申し訳ないよ
  :毎回ロングで朝までお願いできればいいんだろうけど
  :さすがにそこまで懐に余裕がない

ケイ:そこは気にしないでって言ったよね?
  :というか無理してロング頼まなくていいんだからね?

修司:そうは言っても、先輩に黙ってる負い目もあるしさ
  :たまにはお店の売上に貢献しとかないと

ケイ:でも俺が、修司さんともっとお話したくて勝手にやってるだけだし
  :後に予約あればちゃんとそっち行くし
  :つまり空き時間の有効利用なだけだから!

修司:んふふ

柔らかに笑う気配がする。

ケイ:(笑った?よね?)
  :(滅多に笑ってくれないのにこのタイミングって)
  :(ああ、暗くて顔よく見れないの残念だな)

修司:夜は俺がさっさと寝ちゃうからってのはわかってるんだけど
  :なんでそんな必死なの

ケイ:だって気にされてロング頼まれると泊まりにくくなっちゃう

修司:無理はしてないつもりだから安心してよ

ケイ:それ、信じてますからね?

修司:うん、信じて

ケイ:(とは言っても、休職中って知っちゃってるし)
  :(正直、もうお店通さなくたっていいくらいなんだけど)
  :(もともと正規のお客ってわけでもないんだし)
  :(ああでも、シュンさんはどう思うんだろ)
  :(もし俺がやってることバレたとして……)
  :(売り上げどうこう言わない気もするんだけどなぁ)

修司:スー……

ケイ:修司さん……?
  :寝ちゃった?

修司:スー……

ケイ:(この安らかな寝息聞けるのって俺だけなんだよな)
  :(シュンさんだって知らないんだ)
  :(って思うとすっごい優越感)
  :(ああああもー)
  :(俺もちょっと仮眠とろ)
  :(明日、修司さんに寝不足顔見せれないし)

【翌朝】
ケイが作った朝食を二人で食べている。

修司:うん、美味しい

ケイ:ありがとうございます

修司:というか凄いよね
  :この朝食作ってくれるサービス

ケイ:希望者にだけですけどね
  :だって朝までってお願いしてくれるお客さんに
  :何か特別感出したいじゃないですか

修司:そういうとこも人気なんだろうなぁ

ケイ:あ!

修司:え、何?

ケイ:勝手なお泊りを黙っててくれるお礼に
  :今度から泊まったら朝ごはん作りましょうか?

修司:いやいやいや
  :悪いよ

ケイ:えー、作りたい〜

修司:だって朝までコースなお客さんへのサービスだろ?

ケイ:そうだけど
  :俺が帰ったって朝まで眠れるんだから
  :朝まで居る必要ないのわかってるし
  :でも修司さん、ダメって言わないし

修司:俺、利害が一致してるからって言わなかった?

ケイ:それ、修司さんのメリットよくわかんなくて
  :俺が朝まで居ると何かいい事あります?

修司:んー……リハビリ的な?

ケイ:リハビリ……?

修司:なんせ夜はすぐ寝ちゃうからね

ケイ:それってつまり、修司さんも
  :俺ともっと話したいって思ってくれてる?

修司:思ってるよ
  :人間不信酷くて仕事もままならないって言ったろ
  :でもケイくん相手だとそんな気負わず話せるんだよね
  :なんせ隣で安心しきって眠れるような相手だし

ケイ:あー相性がいい、みたいな?

修司:ケイくん選んで派遣してくれるあたり
  :先輩は俺を良くわかってるよね

ケイ:(俺もシュンさんには感謝してるけど)
  :(でもなんかちょっと面白くないよね)
  :(って俺、シュンさんに嫉妬してる?)
  :俺だって修司さんのこと
  :もっともっとわかりたいって思ってますよ?

修司:うん、知ってる

穏やかに頷く姿に何かが引っかかる。
何が気になるのかと思っていると。

修司:本当に先輩が言ってた通りだよ

ケイ:え?

修司:うちのキャストは優秀だからって自慢したくなるの、わかる

ケイ:あ、わかったかも
  :(修司さんのこと知りたがるの仕事でって思われてる)

修司:何がわかったって?

ケイ:あーその、俺
  :修司さんと友達になりたい、です

修司:友達?

ケイ:うん、友達としてなら昼間会いに来たっていいでしょ?
  :俺、修司さんのこと、もう
  :あんまりお客さんって思えてないとこあるし……

修司:あー……
  :ケイくん相手にリハビリしてるとは言ったけど
  :でも友達になりたいとは思ってないと言うか
  :今はまだ、新しい人間関係を構築するのに
  :不安と抵抗が強すぎると言うか

ケイ:そ、ですか……

修司:せっかくの申し出、断ってごめんね

ケイ:いえ、俺こそ無理言ってごめんなさい

【別の日の夜】
隣で修司が安らかな寝息を立てている。
そっと頭を撫でれば甘やかな吐息が漏れた。

修司:んふ……

ケイ:ふふっ
  :(気持ちよさそな寝息)
  :(この前、断られちゃったけど)
  :(でもやっぱり修司さんと友達になりたいなぁ)
  :修司さん……
  :(もっともっと修司さんのこと教えて欲しい)
  :(もっと修司さんに近づきたい)
  :(特別になりたい)
  :(だって俺、こんなに修司さんのこと……)
  :すき……
  :(ああ、そうか)
  :(いつの間にかこんなにも……)
  :(だからシュンさんに嫉妬したりしちゃうんだ)
  :(これ、気づいちゃって良かったのか?)
  :(これからどうしよう……)

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。