イケメン相手にこんな関係になる予定はなかった17

1話戻る→   目次へ→

「それより、どーすんだよ」
「続き?」
「そう」
「もちろんするよ」
 そりゃそうだろう。寸止めされた理由が「一緒に気持ちよく終わりたい」だって言うんだから、ここで終わる気がないのはわかっている。聞きたいのはそれじゃない。
「つーか、」
 くだらない言い合いで寸止めされた体の昂りが落ち着いていくのは自覚していたが、まさかこんなのを何度も繰り返す気じゃないよなと疑う気持ちがある。なんせ最後だし。この時間を長引かせたい気持ちが相当強いみたいだし。
「つーか、何?」
「次はちゃんとイカせてくれんの?」
「ん? どういう意味?」
「だってお前、今、完全に俺の熱が冷めるの待ちしてるよな?」
「まぁ、そう、だね」
「なんか、企んでそうだな、って」
「ん? あー……」
 たぶん図星をついたようで、肯定も否定もないまま曖昧に笑われてしまったから、疑惑が確信に変わってしまう。
「この期に及んで焦らしプレイとかマジやめろ」
「えぇ〜」
 不満げな声が上がって、やっぱりそういうつもりだったのかと思う。
「えー、じゃねぇ」
「でも、焦らされるほど気持ちよくなれるらしいよ?」
「そういうの求めてねぇんだけど」
「そうだけど、何度もイカせるのがダメなら、イカせず焦らすしかなくない?」
「つっても、いくら終わりを引き伸ばしたいにしたって限度があるっつうか」
「限度、ってほどしつこく焦らしてないよね? まだ一回目だよね?」
 食い気味に言い募られたから、どうやらかなり不服らしい。
「じゃあ、お前としては、あと何回くらい寸止め繰り返したいわけ?」
「そ、れは……」
「それは?」
「いい加減イカせてって泣かれるくらい、まで?」
「おいっ!」
「てのが俺の願望でしか無いのはわかってるよ。多分実際は、これ以上やったら切れられそう、って思うまで、かな」
 はぁあと大きなため息を吐いて、横になっていた体を起こす。
「え、えっ、ごめん。怒った?」
 慌てた様子で後を追うように体を起こした相手が、帰るとか言わないでと情けない声を出すのを聞きながら、もう一度小さなため息を吐いて転がるローションに手を伸ばした。
「え、ちょ、何してんの?」
 蓋を開けて勢いよく中身を手のひらに出せば、相手が更に驚き慌てている。それを無視して数度両手をすり合わせたあと、ドロっと濡れた手を相手の股間に伸ばした。
「ちょっ、なになになに!?」
「うるせっ。ちょっと黙れ」
「黙ってられるわけ無いでしょ。ちょ、何してんの、ホント」
 焦った相手がガシッと両手首を掴んで来たかと思うと、強引に股間から手を遠ざけてしまう。なんだこの反応。珍しくこちらから触れてやろうというのだから、大人しくしてればいいものを。
「おっまっ、手ぇ放せよ」
「何する気か聞いたら放すよ。てか怒ってる?」
「怒ってたらお前気持ちよくしてやろうとかするわけないだろ」
「それは、俺を気持ちよくしてくれようとしてる、ってこと?」
「それ以外あんのかよ」
「いやだって、あんまり唐突すぎて。てか本気で?」
「嫌ならしない」
「やじゃないよ。嫌なわけ無いでしょ」
 大きく息を吐き出した相手は、脱力した様子で掴んでいた両手を放した。ただ、放された手をそのまま再度股間に向かわせるのは躊躇ってしまう。どうにも気まずい。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。