親友の兄貴がヤバイ11

1話戻る→   目次へ→

 胸を舐め弄る前にもどって、また触れるだけのキスから始める。キスを繰り返しながら、手のひらと指先とで相手を撫で摩る。
 キスは触れるだけだが、簡易寝間着ははだけさせた後なので、手に触れるのは相手の肌だ。胸の先に触れればやはりピクリと体が跳ねて、目の前の顔はクッと息を呑んでいる。
 また胸ばかりを弄られると思っているのか、戸惑いと諦めと悲壮な覚悟とが入り混じるような表情を見せるから、こちらも一度緩く首を振って見せてから、触れるばかりのキスを深いものへ変えつつ、手は別の場所へ滑らせた。
 触れ合う唇と舌とで相手の安堵を感じ取ったのは一瞬で、するすると肌を滑り下ろした指先を腹の窪みへ潜り込ませれば、ビクリと盛大に身を跳ねる。
「ふひっ……ひぅ、っ」
 擽るように指先を揺らせば、合わせた口の隙間から笑いをこらえ切れない様子で呼気が漏れた。腹もひくひくと波打たせるくらい擽ったいらしいのに、それでも止めろと突き放される事はないのかと内心驚いていた。
 擽ったい場所は性感帯の卵だなんて話もあるし、それを知っていていて快感に変わるのを待ってくれているのだとしても、現状気持ちいいよりも圧倒的に擽ったくてのその反応なのだろうから、結局は擽ったいのを無理に耐えさせているのと変わりない。申し訳無さにすぐにその場所から指先を抜いて、またするりと手の平を滑らせる。
 前回同様下着は履いていないため、腹に沿って手を降ろしていけば、すぐに手の甲に濡れた感触が触れた。固く反り上がったものが、先走りを零しているのだ。
 下生えまで降りてその場所を軽く撫で、手のひらに触れる陰毛の感触を少しばかり楽しんだあと、手を返して屹立を軽く握り、根本からゆっくりと尖端へ向かって移動させる。溢れた先走りで幹も既に濡れていたが、動きがゆっくりなためか卑猥な水音がたつことはない。
 触れ合う唇と舌の先、相手は震えるように息を詰めている。
「ふぁっぁ、あぁっ、ぅっ」
 たどり着いたびしょ濡れの尖端を手のひらで包んで柔らかに揉めば、合わせていた口が思わずと言った感じで開き、歓喜の声が上がって腰が揺れた。
 前回気持ちよさそうにしてくれた触り方をなぞるように触れれば、相手はすぐに追いつめられた様子で荒い息を吐き始める。
「ぁ、イイっ…きも、ちぃ……そんな、されたら、い、っちゃう、よっ」
「口でして、いいですか?」
 キスの合間の訴えに、握る手を止めて問いかけた。
「次は口の中でイッてくれるって、言いましたよね。飲ませて下さい、あなたの」
「ぇ……っぁ、ああ、……そう、だな。うん、じゃあ、……その、口で、して?」
 随分と躊躇いながらも許可されて身を起こす。
 前回彼が言い出したことなので戸惑いはなさそうなものの、やっぱり諦めと悲壮な覚悟とが入り混じるような表情を見せている。けれどさすがにこれは譲れない。
 口の中に含んで舐め啜っても柔らかなままだった、あの夜の絶望を払拭したかった。ちゃんと反応してくれている彼を、十分に勃起した彼のペニスを、口の中に迎え入れてみたい。吐き出される先走りも精液も、味わってみたい。
 彼の足を開かせてその間に身を置き、勃起ペニスへ向かって身を屈め頭を寄せていく。
「んんっっ」
 尖端をぺろりと舐めれば、ニガしょっぱいような不思議な味が口に広がり、耳には息を詰めるのを失敗したような、少しくぐもった音が聞こえてきた。ちらりと目線を上げれば、どうやらまた口元を手で押さえてしまっているらしい。
 さすがに胸とは違ってちゃんと快感を、それも手で弄るよりは数段強い刺激を受け取ってもらえるだろう。そう考えれば盛大に喘いでしまうのが恥ずかしいのだとわかるから、その手を外して声を聞かせてくれと頼むような真似はしなかった。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP