兄は疲れ切っている31

1話戻る→   目次へ→

 おろおろと、ゴメンだとか泣かせるつもりは無かっただとか言い募れば、違うよバカと笑うみたいな囁きと共にぎゅうと抱きしめられる。
「嬉しいのと幸せなのと、あとさすがに恥ずかしすぎるだけ」
 先にガッツイたのどう考えても俺だもん、なんてことを、未だスンスン鼻をすすりながら囁かれてしまえば、安堵と愛しさとで体が反応する。吐き出し直後のペニスがまた硬度を増して膨らんでしまうのがわかる。
 あ、と小さな吐息を吐いた兄にも当然こちらの変化は伝わっていて、ふふっと笑われた後、抱きついた姿勢のまま兄がゆるりと腰だけ浮かせていく。しかし。
「ん、ぁっ……」
 甘い声を小さくあげてふるりと体を震わせたかと思うと、すぐにまた兄の重みが降りてくる。
「ねぇ」
 甘えた声に呼ばれてドキリとした。
「つづき、して」
 感じすぎて動けないよという申告に、いいのと問い返す声は興奮で掠れてしまう。
「うん。もっと、して。もっとお前に愛されたい。うんと情熱的に、可愛がってよ」
 俺が好きで仕方ないってもっと教えて、という甘たるい声での誘い文句にゴクリと喉がなった。
「わか、った。けど、先にゴム、付け替える」
 言えば一瞬の躊躇いの後、うんと頷かれてのそりと凭れていた体を起こす。
「あのな、」
「うん、何?」
 困ったような、そして恥ずかしそうな照れ笑いで口ごもられて、なるべく優しい口調になるように心がけながら続きを促せば、感じすぎてて抜くだけでも変な声上げそう、などという理由を聞かされて呻く羽目になった。
「ぁ、お前、またっ」
 おっきくなった、と嬉しそうに笑うのだって反則だろと思う。
「仕方ないだろ。てかわざと煽ってんの?」
 ゴム替えないで二戦目突入して、途中で外れたりの中出し狙いなのかと続けた。中に吐き出した精液がぬるついて、激しく動いた時に中に置き去りにしてしまう可能性が高いことは知っている。つまりそんな可能性を示唆する忠告のつもりだったのだけれど、長いこと彼女持ちだった兄だって、連続使用の危険性くらいは把握していて当然だった。
「んー……ちょっとは、そう、かも」
「え、マジで煽ってんの?」
 もう一度、もしかして中出しされたいのかと問えば、やっぱり曖昧にんーと考えるような素振りを見せる。マジか。
「妊娠するわけじゃないし、性病も持ってないはずだし、ちゃんと洗えてると思うし、だからまぁ、お前が嫌じゃないなら、」
 有りか無しかで言うなら有り、と言われて、気持ちは決まった。
 兄の体を半ば持ち上げるようにしながら、そっとベッドマットに押し倒していく。慌てたようにギュッと抱きつく腕をそのままに、腰だけガツガツ振って、少し早めのピストンで中を突き荒らした。
「ひぁあああ」
 悲鳴のように上がる声と裏腹に、中はギュウギュウと絡みついてくる。
「煽ったの、兄貴なんだからな。めいっぱい可愛がって、愛して、兄貴の腹の中を俺の好きで満たしてやるから、覚悟して」
 俺の好きを思い知れとばかりに告げれば、悲鳴の中に、嬉しいだとかもっとだとかの言葉が混じりだした。強めの腰使いはそのままに、好きだ可愛い愛してると繰り返している内に、悲鳴が甘く蕩けだす。
「ぁ、ぁあ、ぁっ、きもちぃ、あ、も、なか、なか、が、あぁ、」
「いいよ。イケよ。もっかい、中のイイトコ、ずこずこされてイッちゃうとこ、見せてよ」
 ほらここだろと、ぐっと前立腺を押しつぶしてやれば、イクっという短な宣言とともに兄の体が痙攣した。
「ぁあああ」
 ぎゅうと抱きつく腕に逆らうように体を起こしてしまうのは可哀想な気もしたが、ぎゅうと締め付けてくる中の動きには躊躇うことなく逆らって、ずるりとペニスを引き抜き、激しめのピストンにも外れることなくちゃんと被さっていた優秀なコンドームを自分の意志で引き剥がし、生身で再度兄の体を貫いてやる。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。