兄は疲れ切っている32

1話戻る→   目次へ→

 過ぎる快感に掠れかけの悲鳴を上げてもがく体を押さえつけ、蠢きギュウと絡みつく内壁の抵抗を押しのけるようにして、一気にぐうっと奥まで押しこんだ。ペニスの先にコツンと当たるのは、結腸の入り口なんだろう。
「この先にちんぽ入れさせて、とは言わないけど、この先にまで、俺のザーメン、たっぷり注いでやるから」
 そう宣言しながら、ペニスの先端を擦り付けるみたいにして、何度もグッグッと押し上げる。こみ上げる射精感に身を任せるまま、ズンと一層深くまで届くようにと腰を突き出した。
「っは、出る。出すよ。兄貴の腹ん中、俺ので汚して、ここはもう俺だけのもんだって、マーキングすっから」
「ぁ、ぁああ、でて、でてる、ぁあっ」
 二発目だからそこまで量も勢いもないと思うのだけど、本当にわかるものなのかなんて事は重要じゃない。
「ああ、出てるよ。ビュービューたっぷり注いで、ちゃんと、ちんぽでも届かない奥の奥まで、俺ので汚してやったからな」
 自信満々に言い切ってやれば、んふっと小さな笑いが溢れた。
「マーキング?」
「そう。マーキング」
「お前、以外に、誰にも触らせたりしないけど、ね」
「知ってる。じゃなくて、兄貴の体に、腹の中の奥の奥まで全部俺のものになったんだぞって事を、刻みたい感じ」
「ああ、そっか」
 嬉しいなと言ってはにかむ姿が可愛くてたまらない。
「ね、ぎゅってしたい。し、して、欲しい」
 さすがにこのまま三発目頑張ったりしないよね、と確認されて、出来なくないけどと返しながらもゆっくりとペニスを引き抜いた。ホッと大きく安堵の息を吐かれたけれど、休憩すると言ったわけでもない。まぁ、抱き潰してもいいと言われていても、さすがにそう連続でガツガツ揺する気もないけれど。
 簡単にドロドロにぬれた互いの股間と、兄の腹に散った二回分の精液を拭った後は、兄の隣に寝転がって、まずは要望通り、ぎゅうと互いに抱きしめあった。ただし、背を抱く手はすぐに腰から臀部を辿り、割れ目へ差し込んだ指先が繋がりを解いたばかりの穴へと触れる。
「ぁ、んんっ」
 体勢的にあまり深くまで指を突き込めるわけではないので、浅い場所をクチクチとくじってやれば、甘い吐息がこぼれだす。
「ちょ、あんま弄らない、で」
 休まらないよと言うので、休憩するとは言ってないと返してやる。
「えっ……」
「激しくはしないから、後はゆっくり感じて、気持ちよくなろ。とろとろに感じて貰えるように頑張るから、気持ちよ〜くイケたらさ、うっとり甘える顔、見せて」
 えええと更に戸惑われたけれど、今度はゆっくり愛し合おうよと誘えば、そんな事言われたらヤダって言えないだろと困ったように笑われた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。