俺を好きだと言うくせに

 同じ年の幼なじみがモテだしたのはぐんと身長が伸びて、部活で試合に出ることが増えた中二の夏以降だ。部活忙しいし彼女いらないと公言していてさえ、結構な頻度で女子から告白されていた。
 せっかくの告白を振るのは可哀想だし、勿体無いから取り敢えず付き合ってみればと言ったら、心底イヤそうな顔で、じゃあお前が好きだからお前が俺と付き合ってよと返された事がある。もちろん本気になんてしなかった。というよりも、恋愛対象じゃない相手からの申し出がいかに迷惑なものか、わからせたかっただけだろう。
 そう思っていたのに、お前が付き合えと言ったあのセリフが、本気どころかむしろ彼にとっては精一杯の告白だったと知ったのはつい最近だ。
 あれから数年経た高校二年の現在、同じ高校に進学した幼なじみが、唐突にお前と少し距離を起きたいと言い出した。理由は彼氏ができたからで、その彼以外の男と親しくつるむのは、相手に申し訳ない気がするからだそうだ。
 ビックリしたなんてもんじゃない。心底慌てて、納得出来ないからと嫌がる相手を自室に連れ込み、詳しくいろいろ問い詰めた。
 そこで発覚したのが、彼にとっては女が恋愛対象にならないことと、長いこと彼に惚れられていたらしいことだった。
 そういうことはもっと早く、彼氏なんか作る前に、もっとちゃんと真剣に告白するべきじゃないのか。
 けれど彼はそこで、前述の話を持ちだして、彼が恋愛対象にならないことも告白が迷惑になることもわかりきってたと言った。付き合ってと言って即、確かに無理な相手から告白されても迷惑なだけだなと納得されて、軽々しく付き合ってみろと言ったのは間違いだったと謝られたのはショックだったなんて、今更そんなことを言うくらいなら、あの時もっとショックな顔をすれば良かったんだ。
 だけど本当はわかっている。ずっとそばに居たくせに、彼が寄せてくれる想いに友情以上のものを一切感じ取れなかった自分が悪い。自分の隣に居る彼が、ずっと辛い思いをしていたことにも気付かず、のほほんと親友ヅラをしていたのが恥ずかしい。
 だから距離を置くことを了承した。おめでとうと言った。彼に初めての恋人が出来たことには変わりがないのだから、上手くやれよと親友らしくエールを贈った。
 結果、彼とその彼氏とのお付き合いは一月ほどで終了を迎え、彼はあっさり何事もなかったかのように自分の隣に戻ってきた。けれどやはり、なかったことにはならない。相手は気持ちと事情を晒してしまった後で、自分はそれを聞いてしまった後だ。
 つまるところ、彼は戻ってきたけれど、自分たちの関係が元通りということにはなりそうにない。
「やっぱり、お前が好きなんだよね」
 想いを隠す気がなくなったようで、あっけらかんと口にする。
「そりゃどうも。俺だってお前が好きだぞ。親友としてならで悪いが」
「それは知ってる。てかさぁ、結局俺はお前じゃないとダメみたいってのが、ホント重症だし不毛だし嫌になるよね」
 言いながらもどこかスッキリした笑顔だった。
「なら俺に告白すんのか? まさか今のそれが告白だとか言うなよ」
「え、なんで?」
「なんでってそっちこそなんでだよ。俺と恋人になりたいなら、今度こそちゃんと真面目に告白して付き合ってくれって頼めよ」
「頼まないよそんなこと」
「なんで!?」
「なんでって、それ言い出すってことは、頼んだら付き合ってくれるんでしょ?」
「確かめんな。てかオッケー貰えるの分かっててなんで拒否……って、まさか昔の仕返しか?」
「それこそまさかだよ。単に罪悪感だの同情だので付き合って貰っても嬉しくないんだよね。優しいから、そんな気になってるだけだよ。実際に男同士で付き合うって現実突きつけられたら、逃げ出したくなるって。無理しなくていいよ。でもまぁ、ちゃんと頼んだら付き合ってやるって言ってくれたのは、嬉しいけどね」
 気持ちだけ貰っとくねと笑う顔はやはりスッキリとしていて、本当にそれでいいのかよと口にだすことは出来そうにない。
 彼は色々と吹っ切った様子なのに、自分ばかり悶々としているのがなんだか悔しかった。

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP