童貞が二人 3

1話戻る→   最初から読む→

 左手をそれぞれ相手の肩に置いて支えあい、ローションまみれの右手で相手のアナルを弄る。取り敢えずでゆっくりと、少しずつ押しこむように埋められた中指に痛みはない。同じように中指を埋めた相手も、特に痛みは感じていないようだ。
 まぁ普段出てくるものの太さを考えたら、指一本くらいなら、そんなものなのかもしれない。
 始めは相手の出方を探るように、弄られているという感覚と、相手を弄っているという感覚に差があったのだが、その差はだんだんと縮まっている気がする。相手のその場所がキュッと閉まるのとほぼ同時に、自分も相手の指を締め付けてしまうから、まるで自分で自分のアナルを弄っているような気分になってくる。
 なんだか混乱してきた。更にはクチュクチュと湿った音と、互いに吐き出す熱い息の音とが頭の中に響いて、混乱がますます加速していく。
 今のところ、弄られている場所に気持ち良さはない。むしろキュウキュウと吸い付くように締め付けられる指のほうが、断然気持ち良いと思う。
 ここに突っ込んだら絶対キモチイイ。
 そう思ってしまったら、ペニスが反応して固くなっていくのがわかる。ふと視線を落とせば、相手のペニスも当たり前のように上を向いていた。
「どう? きもちくなって来た?」
 視線を落とした事に気付いた相手から言葉が掛かる。
「気持ちぃのはどっちかって言ったら指」
 正直に言えば、わかるーと言って笑われた。
「穴はやっぱ微妙だな」
 言えばやっぱり、だなぁと肯定が返ってきた。これ、決着つくのか?
「でも思ったより痛くはない、かな。ちょい拡げる方向に行ってみていい?」
「あ? ん、うん」
 混乱しながらの会話に、ぼんやりと決着つかなそうとか思っていたせいで、思わず頷いてしまった事を後悔したのはその直後だった。
「ちょっ、待って待って待って」
「痛い?」
 痛くない。というかまだ、二本目は入って来たといえるほどの侵入を果たしていない。
 でも痛くないけどなんか変だ。いや元々その場所を弄られるのは変で妙って感じだったけど、埋まっていない他の指先でクッと拡げるようにシワをのばされて、既に埋まっている指に沿って侵入して来ようとするもう一本が肌に触れた瞬間、ゾワリと鳥肌が立って力が抜けそうになった。
 どう表現していいかわからず、痛くはないという意味もあって取り敢えず首を振ってみる。相手はやはり意味がわからないと言いたげな顔をして、あろうことか入れようとしていた二本目で、入口を優しく撫でてきた。
「んぁぁぁああっ」
「えええっっ!?」
 相手が驚きで声を上げたが、自分自身驚きまくりだし、何が起きたのかもわからない。
「んあぁっ、ちょっ」
 確かめるように再度添えられた指を動かされ、相手の肩を掴む左手にギュウと力を込めてしまった。
「あ、ちょっとわかった、かも」
 これだろ? と言った相手は、こちらの肩へ置いていた左手を外して股間に差し込んでくると、既に埋まった中指の周りをクルリと撫でたようだった。
「んんんんんっっ」
 咄嗟に口を閉じたけれど、盛大に感じてしまったことは隠しようがない。肌は粟立ちっぱなしだし、体の力はかなり抜けかけているし、目に涙が浮かび始めたことも自覚できている。
「あーごめんごめん。予想以上だった」
 差し込まれていた左手が去っていき、宥めるように目尻に相手の唇が落ちた。
「お前もしてみる?」
 同じ風になるかわかんないけど、と続いた言葉に首を横に振る。やってみたくないわけじゃない。ただ、今の状態ではそれどころじゃないというだけだ。
「むり……」
「それは感じちゃったからギブアップ、て事でいい?」
「やだ」
「おおおおい。なんでだよ」
 感じたよね? と言う問いかけは取り敢えず無視だ。
「だって中、良くなったわけじゃない」
「それは屁理屈に近い気が……というか、そもそもお前、続けられそうにないよな?」
 その通り。と認めてしまうのが悔しくて睨みつければ、相手は少し困ったような顔をしつつも、隠し切れない笑いでじわじわと表情を変えていく。
「負けず嫌いかっわいい! けどさ、今日の所は諦めて俺に任せない? 指でされんの、痛くなかっただろ?」
「入れたの指一本だけだろ。てか怖いって」
 指一本とペニスじゃどれだけ質量に差があると思ってんだ。
「いやいやいや。いきなり突っ込むとかしないから。まだまだちゃんとじっくり慣らすって」
「……怖い」
「えー……じゃあ、俺がそろそろ入れられそうってくらいまで慣らした後も怖かったら、そこで止める。いつもみたいに抜きっこしよ。でも怖くなくなってたらそのまま合体」
 それでどうよと言う提案に渋々頷いた。言ったことを反故にして、むりやり突っ込んできたりはしないだろう、と思えるくらいの信頼はしている。
「じゃ、取り敢えず、俺の中の指はそろそろ抜いて欲しいかな」
 体勢的にもきつそうだし横になろうよという優しい誘惑に再度頷いて、相手の中に埋めていた指をゆっくりと引き抜いた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP