好きだって気付けよ1

 生まれた時からどころか、母のお腹の中に居た時から、自分たちはずっと一緒だった。もっと言うなら一卵性の双子だから、ずっと一緒どころか元は一つだ。
 時には親でさえ間違うほどそっくりな自分たちは、ずっと互いが一番の理解者で、なんでもわかり合えていた。
 なのに最近、弟が何を考えているのかわからない。なんて思ってしまうことが増えている。
 せっかく出来た初めての彼女を、さんざんブスだなんだと貶しまくったくせに、何故かその彼女と出掛けているフシがある。しかも、自分になりすまして。
 彼女と話していて、時々違和感を感じることがあったのだが、それは自分が彼女との会話を忘れているのか、彼女が別の誰かと混同しているのかと思っていた。でも違う。きっと自分になりすました弟が、彼女と会っていたのだろう。
 確証はない。実際に弟が彼女と出掛けたり親しく話している姿を見たわけじゃない。でもそうとしか思えなかった。
 元は一つの自分たちは、なんだかんだ好みだって似ている。結局のところ弟だって、彼女のことを好きなのかもしれない。そう思うと、胸の何処かが少し苦しい。
 初めて出来た彼女だから大事にしたいとは思うけれど、自分の代わりでいいから少しでも彼女と話したいデートしたいと思うほど弟が思い詰めているなら、きっと自分は身を引くだろう。そんな自分の性格を、弟がわからないはずがない。だからこそ、隠れてコソコソと会われているのが辛いし、出来れば気の所為にしたかったのに。
 弟の態度にあからさまな変化はなく、そんな弟を疑うことに罪悪感を感じたりもしたが、もんもんとする日々に耐えられたのはひと月が限度だった。本当に弟が自分になりすまして彼女と会っているのか、確かめずには居られないほど、こちらの気持ちが追い詰められてしまった。
 やったことは簡単だ。休日に彼女と出かける予定を立てて、当日の朝、具合が悪いと言って彼女に断りの連絡を入れただけ。そしてそれを、せっかくデートだったのに残念だと弟に漏らしただけ。
 弟はデート云々をまるっとスルーしつつ、早く治せよとこちらの体調をかなり心配げに気遣ってくれたが、暫くすると買い物に行ってくると言って家を出ていった。もちろんこっそり後を追いかけたのは言うまでもない。
 はるか前方を歩く弟がどこかに電話をかける姿を見ながら、それでもまだ、相手が彼女ではないことを祈っていたのに。
「会ってて欲しくなかったな」
 彼女と合流するのを見届けた後、そう言って声をかけたら、彼女はえらく驚いた顔をして、弟は不貞腐れたような顔になった。
 聞けば彼女は本当に何も気付いていなかった。彼女とのやり取りはほぼラインを使っているのをいいことに、彼女の携帯に登録した電話番号はいつの間にか弟のものに変えられていて、弟は電話で彼女とやりとりしていたらしい。
 彼女が酷いと怒るのは当然だ。なのに弟は、彼氏とその弟の区別もつかないようなクズ女だと嘲り、こんなブスとはさっさと別れりゃいいとまで言って彼女を泣かせたので、思わずその頬を叩いてしまった。
 ギラリと睨まれたけれど、こちらが悪いなんて欠片も思っていなかったので、呆れたと言わんばかりにため息を吐いてみせる。
「最近お前、ちょっとオカシイぞ。帰って少し頭冷やせ」
「アンタは? 体調悪いくせに、一緒に帰らないつもり?」
「泣いてる彼女放っておけるわけないだろ。後ごめん、体調不良っての、嘘だから」
「ああ、つまり、最初っから全部罠かよ。クソがっ」
「凄むなって。彼女が怖がるだろ。彼女送ってから俺も帰るから、そしたら一回しっかり話、しよう」
 それだけ言って、まだグスグスと泣いている彼女を促し、取り敢えずは急ぎその場を離れることにする。まっすぐ帰ったかは怪しいけれど、少なくとも弟が自分たちを追ってくることはなかった。

続きました→

有坂レイへのお題は『貴方と私でひとつ・「好きだって気付けよ、ばーか」・やわらかい唇』です。https://shindanmaker.com/276636

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP