先生、教えて3

1話戻る→   目次へ→

 彼の何に惹かれたかなんてもうとっくに話してる。貰った言葉が嬉しかったんだって確かに言った。簡単に忘れるくらい自分との会話はどうでもいいのかって思うと少し残念で、でもへこんでる場合でもないから、初めて会ったのは大学の体育館だったってところから遡って何に惚れたかを話してやる。
「いや、それは聞いたし知ってるよ」
「は? じゃあ、何が疑問だっていうんですか」
「それでもう一度僕に会いたくて、ここ探し当てて、更には入学まで決めたってのはまぁいいよ。でもそれだけで気持ち引っ張れるほど、何かしてる? 期待するなって言った通り、特に思わせぶりなことしてないはずなんだけど」
「あーまぁ、それはたんに、俺が諦めが悪い人間ってだけじゃないすかね」
 諦める気ないのと聞かれてないですと即答すれば、呆れたため息が返された。
「思うんだけど、君がやってる競技ね。ずっとそれに注いでた熱量の行き場を探して迷ってたところに僕が現れたもんだから、これ幸いと僕に振ってるだけじゃない?」
「痛いとこ突きますね」
「なんていうか、デート誘われまくるけどイマイチ本気っぽさないというか、切羽詰まった感じないしね。どっちかというと暇を持て余してる感がある」
「あれ? そんな感じに思われてるとは心外。いつだって本気で誘ってんのに」
「冗談で誘われてると思ってるわけじゃないけどさ。ちゃんと考えて誘ってくれてるのは、誘われる場所でわかるし」
「だから、本気で、一緒にどっか遊びに行きたいんですって。どこなら行ってくれるか必死で考えますよ、そりゃあ」
「そうか」
「そうです」
「でもごめんね。恋されてるなぁって感じもないから、デートの誘い断るのになんの罪悪感もわかないのはありがたい、とか思ってるわ」
「酷い。というか恋されてない感じとかってわかるもんなんですか?」
「いやそりゃわかるでしょ。というか、本気がヤバイ感じならわかる」
 だから迷うんだよねと、またしてもため息が吐き出されてくる。
「懲りずに何度も手を変え品を変えデートに誘われるくらいなら、いっそ体目当てでとか言い出してくれたら楽なのに」
「うっわ。講師と生徒の恋愛禁止が聞いて呆れる。じゃあ、体目当てです」
「思い切りがいいね。でも体目当てならお金とるよ?」
 バイトしてる余裕なんてほぼなくて、大学に加えてこのスクールの授業料まで払ってくれている親に対して小遣いアップを言い出せるはずもなくて、つまり、そんな金銭的余裕はかけらもない。というのはわかっているのだけれど。
「ちなみにいくらほど?」
「まさか本気で考えてる?」
「セックスがしたい、かどうかは正直わかんないですけど、まぁ、あなたの時間を金で買えるってならそれはそれで有りな気はします。金ないですけど」
「あー……そこまで思ってんの。なら、コース終了して会えなくなったあと、どうしても会ってって時は買われてあげてもいいかな」
「本気にしますよ。てか値段は?」
「んー……相場だと十分千円くらいじゃないの」
 それってマッサージやら整体やらの相場じゃないのか?
「あれ? じゃあ、つまり、そういう体目当てもあり、と」
「あ、出張費と場所代も君持ちね」
「え、それ、卒業後じゃなきゃダメなんですか」
 ダメだよと言った相手は、その後デートに誘うのではなくなんとか彼の個人的な連絡先を聞き出す方向へシフトした自分に、本気で最後までその連絡先を守りきった。人への当たりは柔らかいのに本当に手強い。
 スクールの日程を全て終えた最後の授業、卒業祝いなどと言いながら渡されたメモに、感極まって思わず泣いた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP