先生、教えて4

1話戻る→   目次へ→

 純粋に、整体とマッサージをして貰うだけの出張施術は結局最初の一回だけだった。実技授業の延長みたいな感じで、交互に施術し合うみたいな関係に持ち込んだのはもちろんこちらだ。
 授業の延長気分だったから、こちらが相手に触れる時間分も払うつもりだったし、実際しばらくは払っていた。何度も繰り返すうちに、上手くなったからと少しずつ割り引かれて、とうとう往復の交通費だけ払えば来てくれるようになった現在の関係を、どう呼べば良いかわからない。
 話しかける時はやっぱり先生と呼んでしまうし、相手だって随分と砕けた口調になって、一人称が時々俺になってたりするけど、やっぱりスクールに通っていた頃と変わらず名字に君付けで呼ばれるし、友人と呼ぶような距離感ではないなと思う。
 もちろん、恋人でもない。たまに思い出したようにデートに誘ってみるけれど、相変わらず、そういうのはしないよとか、嫌だよって笑われて終わりだった。そのくせ、施術内容をどんどんと際どいものに変えても、その手を拒絶されたことはない。しかも相手はこちら以上の技術でもってやり返してくれるからたまらない。
 つまり最近はもう、交互に性感マッサージを施しあっているような感じになってるし、双方とも不感症ではないので当然二人とも勃つし、相手の手でイくし、相手をイかせることもする。なんでそんなことを許すのか、意味がわからない。この関係がなんなのかわからない。
 どういうつもりと聞けないのは、聞いて確かめて今の関係が終わってしまう可能性を考えてしまうからだろう。デート一つしてもらえない以上、どう考えても恋人のような関係にはなれそうにない。だとしたら、今のこの状況で彼がどこまで体を許すのか、行けるところまで行ってみるのが良いんだろうか。
 問題は、自分の身を守りながらというのが非常に難しい点だ。だってどう考えたって、自分が触ってもらってる時の反応の方が大きい。彼の手は本当にめちゃくちゃキモチガイイ。でも同じくらい彼を気持ち良く出来ているとは到底思えなかった。自分の手に彼も感じてはくれるけれど、イってくれるけど、感じ入って呆けてくれるような瞬間はない。
 させてって言ったら、前立腺だって探らせてくれそうだけど、立場を変えて自分がされることを考えてしまうと恐ろしかった。自分の未知なる性感帯を発掘したり開発したいわけじゃない。
 それでも、こちらの興味がアナルだったりそのナカだったりに注がれていることはあっさり相手に伝わってしまったらしく、こちらがそこへ手を伸ばすより先に、彼の指にアナルを撫でられて飛び跳ねる勢いで驚いた。
「ちょ、え、なにっ!?」
 うつ伏せていた体を思わず起こして、尻をかばうように手を当てながら相手と向き合うように座る。少し驚いた顔をしているのは、彼が思う以上に、こちらが警戒心むき出しな反応をしたからだろう。でもすぐに、可笑しそうに笑い出す。
「嫌だったならゴメン。そこ、最近なんだかやけに興味ありそうだったから。場所が場所だし、さすがに言い出せないのかなって思ってたわ」
「興味があるのはする側だけです」
「みたいだね」
 どうしようかと言われても、何を聞かれているのかすらよくわからない。
「自分の体で実感した方がてっとり早いと思うんだけど、でも、こっちの反応見ながら、無茶なことしないで、ちゃんと気持ちよくしてくれそうって思えるくらいには、その腕、信頼してたりするんだよね」
 知識はあるんだろと聞かれたので、それなりにしっかり調べたつもりですと返した。
「でもなぁ……本当に、される側になるのは全然興味なし?」
 気持ちよくしてあげるよと薄っすら笑う顔をじっと見つめてしまう。とっくに気づいていたことだけど、彼はどうやら男相手への性感マッサージをかなり経験している。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP