雷が怖いので プレイおまけ10

1話戻る→   目次へ→

 剃り残しチェックついでにシャワーを浴びるという彼に、先に部屋へ戻るようにと言われてベッドに腰掛け待つことおよそ十分。お待たせと言って戻ってきた彼に、優しいキスをされながらベッドの上に押し倒された。
 少しずつキスが深くなって、彼の大きな手がバスローブの隙間から入り込んで、肌の上をさらりと撫で滑っていく。さわさわと柔らかなタッチだけれど、多くの毛を剃り落とした部位は執拗に、何度も手の平も指先も行き来する。
 それだけでも気持ちが良くて、うっとりと吐き出す息も、彼のキスと混ざって溶けていくようだ。
 一通り肌の上を滑った手が、ここが最後とでも言うように、開かせた足の間に入り込んで尻の谷間とアナル周りを撫で擽った。
「んっ、んんっ……」
 ビクビクと体が震えてしまうけれど、見越したように深く深く口付けられていて呻くことしか出来ない。深い口付けで頭の中は霞みかけているのに、期待でアナルがヒクついているのがわかる。指先が入ってくる気配なんて欠片もないし、ただの確認作業だともわかっているのに、わかっているからこそ焦らされて体が熱を上げていく。
「どこもかしこもツルツルすべすべの、可愛い体になってるな」
 満足気な声にホッとしながら、ようやく開放された口で大きく何度も息を吸った。そうしている間に、肌蹴て乱れたバスローブを脱がされてしまう。
「剃ったところを舐められながら、うんと焦らして欲しいんだっけ?」
 フフッと漏れた笑いにゾクゾクする。はい、と返す声が微かに震えてしまったのは、きっと期待だった。
「エッチで可愛い悪い子だね。じゃあ、自分からうんとイヤラシくて可愛らしいおねだりが出来るまで、たっぷり焦らしてやろうな」
 気持ちイイことを覚えた体がどこまで我慢できるか楽しみだと言いながら、右腕を取られて持ち上げられる。晒された脇の下に彼の頭が近づく気配だけで、全身をさざなみのような快感が包んでいく。
「ふ、……ぁ……ぁあ……あんっ」
 舌がゾロリと肌を這う。脇の窪みを抉るように舌が穿って、時折吸い付かれて、引っ張られた肌を柔く唇で食まれたり、歯で甘噛される。大きく喘いでしまうほどの鋭い快感は走らないけれど、ずっと大小様々なゾワゾワが体中を巡っているから、戦慄き肌も粟立ち続けている。
 もちろん、右が終われば次は左だ。
 時折口を離した彼に、可愛い声だと言われるたびに、漏らす声が甘ったれていくのはもちろん自覚していた。体中を巡るゾワゾワが徐々に腰に集まって、ペニスが張り詰め先走りを零していることも、言われるまでもなくわかっている。
「ツルツルの脇の下舐められて、子供が甘えるみたいな可愛い声漏らしてるくせに、おちんちんは凄いことになってるな」
「ヒャうっ」
 からかうみたいに先走りを零す先端を指先でチロッと撫でられて、咄嗟に上げてしまった声はビックリするほど高音で、彼は楽しげに笑いながら今のは凄く可愛い声だったと言った。
 可愛い可愛い子供みたいと繰り返されて、仕草も声も、彼によって幼く変えられていく。
「このままもっと可愛くなろうな」
 言いながら、彼の指先がまたペニスの先端に触れた。先走りを掬い取り、その滑りを使って塗り広げるように、先端をくるくると撫でてくるから慌ててしまう。
「ぁ、あっ、ダメっ、それダメぇ」
 すっかり甘ったれた声を発しながらイヤイヤと首を振ればすぐに指は止まったけれど、意地の悪い声が何がダメかと聞いてくる。わかっているくせに。つまりは言わせたいのだ。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP