雷が怖いので3

1話戻る→   目次へ→

 信じられないという顔をされたので、学生証見ますかと聞いてみる。見せてと手を差し出されたのでポケットから財布を出して、中に入れていた学生証をその手の上に乗せてやった。学生証は顔写真付きなので、これで信じて貰えるだろう。
「へぇ……」
 顔写真とこちらの顔とを見比べたらしいのは一度だけで、そのあとは随分としみじみ記載内容を読まれているようだった。何がそんなに面白いのかわからない。そう思いながらも、返してくれと取り上げていいものか迷っていたら、ようやくどうもの言葉とともに学生証が返される。
「そこの大学の学生で一人暮らしだってなら、家、近いんじゃないのか?」
 学生証を見せたのだから、当然通う大学は把握されたわけで、それがここから徒歩距離の大学となればそう思われるのも当然だろう。そしてそれは紛れもない事実だった。
「あー、ええ、まぁ」
「うちのガレージでうずくまるより、走って帰りゃ良かったのに」
「そ、れは……」
 向かってる方向が家ではなく駅で、しかも雨も雷もあっという間で、雷が鳴り始めた瞬間にはもう、走ってどうこう出来る余裕なんてなかった。という言い訳が頭を走った瞬間に、ガタリと音を立てて椅子から立ち上がる。
「ああっ!!」
「どうした?」
「あ、あの、すみません、電話します」
「え、どこにだ?」
「バイト先に。あーどうしよう雷でそれどころじゃなかった、なんて言って許されるわけない」
 やばいやばいと漏らしながら、取り出した携帯からバイト先となるはずだった場所へ電話をかけた。初日に無断で大遅刻だなんて、これもう完全に終わりだ。泣きそうになりながら掛けた電話であっさりクビを言い渡されて、へなへなと椅子に崩れ落ちたあと、目の前のテーブルに突っ伏した。
 情けなさに本気で泣ける。
「う゛ー……」
「はぁあああ……」
 わんわん泣きたい気持ちを抑えこんで唸ったら、目の前の男から大きなため息が吐き出された。
「お前、本当に19歳かよ」
「学生証、見せたじゃないですか」
「まぁ見たけど、それも含めて、お前色々と危機感薄すぎ。住所記載はなかったけど、個人情報盛りだくさんだろ、学生証だって。しかも近所に住んでんのもあっさり認めてるし。そもそも小中学生ならともかく、大学生にもなって、こんなひょいひょい知らん男の家の、しかも防音室に連れ込まれてるの、ちょっと色々ぼんやりしすぎだろ」
「そ、れは……俺も、ちょっと自覚は、ありますけど……」
「いや全然足りてねぇよって話をしてんだけど」
「それいったらそっちだって、見知らぬ俺を家にあげてリビング放置したじゃないですか。それに実は中学生くらいだと思ってたんでしょ。女の子じゃないんで安心してんのかもですけど、もし俺が本当に義務教育中の子供だったら、簡単に自宅に連れ込むとか今の時代かなりリスク高くないですか」
 つい先日、男子中学生相手にセクハラかましてた男性教師が捕まったとかいうニュースをチラ見してたのもあって、いかがわしい真似をされたと子供が訴えたら、家に上げた側は結構不利になるのではないだろうかと思う。
 しかし、言ったら再度大きなため息を吐かれてしまった。
「雷に耳塞いで震えてる子から靴取り上げてんのに、それで家の中のもの漁られて盗まれて戻った時には消えてるかもなんて心配まで必要か? あと、そこに見えてるビデオカメラ、なんのためのもんだと思ってんだ。それ、ずっと録画されてるからな」
「えっ?」
 テーブルに伏せていた頭を上げて、録画中というビデオカメラを思わず凝視してしまう。
「まぁ結果的にお前は大学生だったけど、防音室に子供連れ込む以上、何かで訴えられても自分の身の潔白証明くらいは出来るようにしてるっつーの」
 でもお前は流されるままで何も考えてないだろうと指摘されて、反論できる要素は皆無だった。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP