Wバツゲーム3

1話戻る→   目次へ→

 土曜日は午前中授業なので、そこまで熱心ではないバスケ部の練習も、当然いつもより断然早く終了する。さすがに夕飯には早いので、今までの彼女だったらデートと称してどこかをうろつくか、家に呼んでダラダラ一緒に過ごしていた。
 自分が恋人とどんな風に過ごすのかは、別れた彼女たちの口から徐々に広まったようで、最近では週末は家に来たがる子ばかりに告白されるから、必然的に家で過ごすことが多いけれど。
 彼女らが家に来たがる理由は大きく分けて二つあって、一つは得意料理を振る舞ってくれることで、もう一つはエッチなことをするためだ。でもさすがに罰ゲームで新しく恋人となった彼には、そういった思惑はないだろう。
 しかしいざ、一緒に帰る道すがらこの後どうするか聞いてみたら、当たり前のように先輩の家に行きますよと返ってきたから驚いた。
「ご飯、作ればいいんすよね?」
 先に調味料と調理器具の確認させて貰ってから買い物に行きたいですと、淀みなく告げられる言葉に驚きはさらに大きくなる。
「本気で言ってんの?」
「え、でも、恋人にご飯作って欲しいんじゃ?」
「俺の話が色々耳に入ってるのはわかるけど、別にそれ強制じゃないから。うち来るのはもちろんいいけど、一緒にゲームしたり何かDVD見たりとかすれば良くない? 無理して変なもん食わされんのやだし、食事は宅配でも食べに出るんでも構わないからさ」
「ああ、そこっすか。あの俺、料理できますよ?」
 そんな変なもん食べさせるつもりはないと言い切られてしまえば、じゃあお願いしますと言うしかなかった。そして料理出来ると言い切っただけあって、歴代彼女たちの作ってくれた食事と比べても遜色ないどころか、相当上位に食い込むレベルでかなり美味しかった。素直に感動したし驚いた。
 彼には今日、驚かされてばかりだ。
 しかし本日最大の驚きは食後に訪れた。使った食器は流しに置いておけば週明けに通いの家政婦さんが洗ってくれるからと言ったのに、このままにしておくと朝食を作る時に邪魔になるのでと返されて、相手が今夜泊まるつもりで訪れていることを知らされたせいだ。
「あのさ、泊まるのは構わないし、朝ご飯も作ってくれるなら普通に楽しみなんだけどさ」
「はぁ、……だけど、なんすか?」
「ちょっと一回、腹割って話をしようか」
 彼が何を聞かされていて、恋人として何をしようとしているのか、聞いておかないのはマズすぎると思った。というかただそれっぽく一緒に過ごす恋人ごっこをするだけのつもりでいたけれど、まさかエッチなことまで彼の中では想定されているのだろうか。律儀で真面目な性格なのはこの数日でもう十分わかっていたが、罰ゲームだからでどこまで受け入れる気で居るんだろう?
 しかも罰ゲームだからと言ったって、彼の罰ゲームはこちらに交際を申し込んだ時点で終了しているわけで、これは成り行きでこちらの罰ゲームに付き合ってくれているだけなのに。
 というか、罰ゲームどうこうを置いておいて、もしエッチなことをして欲しいと思われていたらどうしよう。さすがに男相手の経験なんて一切持っていないのに、求められたらこちらも応えるべきなのか。
「それ、食器洗った後でいいすか」
 グルグル巡る思考に内心かなり動揺しているこちらには気付いていないのか、律儀で真面目だけれど若干マイペースな相手の言葉に些か気が抜けながら、もちろんそれでいいと返した。
「話するなら、お茶、淹れましょうか?」
「あー、うん。じゃあお願いしようかな」
「わかりました。じゃ食器洗ってくるんで」
 そう言って重ねた食器を手に彼はキッチンスペースへ消えていく。
 律儀で、真面目で、若干マイペースだけど、そういえば気遣いも上手い。こちらの動揺は間違いなく伝わっているし、だからこそ食器洗いを優先させたのだと、気が抜けたおかげで気付いてしまった。

続きました→

検索の結果、土曜授業ある高校も多いらしいので、授業有りの設定にしてみました。

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP