俺が眠らせてあげるから1

CHAT NOVEL@CHATNOVEL)さんで公開された「俺が眠らせてあげるから」(リンク先は試し読みのWeb版で3章まで読めます)がアプリで読めなくなったので全文公開します。

目次へ→

1章 オーナーからの紹介

【ピコン♪】
バイト先のオーナーであるシュンからLINEが届いた。

ケイ
:(あれ、シュンさんからのLINE?)

シュンLINE:突然で悪いんだけど、男性客取る気ないか?

ケイ:(え、ちょ、なんで?)
  :(うちの店、女性専用じゃなかった??)

ケイLINE:本当に突然ですね
     :何か事情があるんですか?

シュンLINE:知り合いが相当ひどい不眠らしくて、つい、
      :うちのキャスト試せよって言っちゃったよね

ケイLINE:あー……で、俺に行けと

シュンLINE:嫌?

ケイLINE:嫌というか、自信ないです
     :男性客取ったことないですもん

シュンLINE:指名No.1の売れっ子が何言ってんの
      :男相手でもケイなら大丈夫って俺が保証するよ
      :というか、うちのキャストではケイが一番
      :あいつと相性良さそうなんだよね

ケイLINE:相性どうこう言えるほど相手のこと知ってるんです?

シュンLINE:学生時代に可愛がってた後輩だからな

ケイ:(シュンさんが可愛がってた後輩かぁ)
  :(それはちょっと気になる)

ケイLINE:なら行ってもいいですけど
     :でもあんまり期待しないでくださいよ

シュンLINE:わかってるよ
      :そもそもお試しだからあまり気負わなくていいぞ
      :ケイでだめならキャスト変えたってダメだろうし

ケイLINE:そうなんです?

シュンLINE:そうそう
      :あいつ最初かなり渋ってたし、そこまで乗り気でもないから

ケイLINE:そんな相手の所へ俺を送り込むんだ……

シュンLINE:嫌な思いさせたら悪いな
      :まぁその分、給料割増で出すからさ

ケイLINE:シュンさんが?

シュンLINE:そう、俺が
      :今回の依頼は俺からって事で頼むよ

ケイ:(シュンさんにここまでさせる相手、ますます気になる)

ケイLINE:わかりましたー
     :コースどうします?
    :依頼者がシュンさんなら、シュンさんが決めるんですか?

シュンLINE:あー、そうだな
      :そこ臨機応変でってのでもいい?

ケイLINE:臨機応変、ってのは?

シュンLINE:相手が眠るか追い返されるかしたら終了みたいな

ケイLINE:あー、なるほど了解
     :終えたらシュンさんに連絡でいいです?

シュンLINE:うん、それで頼む

ケイLINE:じゃあ相手の情報とか希望日とか送って下さい

シュンLINE:わかった

【修司の家の前】
ケイ:(さて、どんな男が出てくるのかな)

チャイムを鳴らして暫く待つ。

【ガチャ】
ケイ:初めましてケイです!

修司:……

ボサボサ頭に無精ひげの陰気な男だ。
ジロリと見られて怯みかけるが笑顔を保つ。

ケイ:(あーこれは……)
  :(確かにやばいレベルで睡眠取れてない感じ)
  :シュンさんからの依頼で伺ったんですけど
  :えっとぉ
  :まずはお家、お邪魔していいですか?

修司:……

男は無言のまま踵を返した。
ケイは男に続いて家の中へ入っていく。

ケイ:おじゃましまぁす
  :(ああ、フラフラしてる)
  :(これ初回の説明とか飛ばしていいかな?)
  :(臨機応変でって言ってたし、いいよね?)
  :あの!
  :いきなりですけどもう布団行っちゃいましょう
  :あ、俺が添い寝するのでダメじゃなければ

修司:じゃ、ぁ
  :ケホッ
  :ここ、が

ケイ:(久しく喋ってないのか……)
  :(この状態なら納得だけど)
  :無理して喋ろうとしなくていいですよ
  :そこが寝室?

頷く男の後に続いて寝室へ入る。
しかし男はベッドの前で立ちすくんでしまう。
ケイは男の隣に立って相手の顔をそっと窺った。

ケイ:(渋ってたって言ってたしなぁ)
  :(でも寝室へ入れてくれたってことは)
  :(全くダメでもないんだよな?)
  :立ってたら辛いですよね?
  :まずはあなただけでも座って、って
  :あー……
  :呼び名対応も出来るんですけど
  :希望の呼び名がなければ修司さんで
  :そう呼んで、いいです?

修司:ん

ケイ:じゃあ修司さん、座って下さい

修司は促されるままベッドに腰掛ける。
その前に跪いて顔を見上げながら。

ケイ:返事は頷くか、首を振ってくれればいいので
  :俺がシュンさんの依頼で添い寝に来たのはわかってますよね

修司:ん

ケイ:俺が横で寝ても、いいですか?

修司:ん

ケイ:そこに薬がありますね
  :今日の分はもう飲みました?

修司:……

ケイ:(薬のせいでぼんやりしてるわけじゃないってことか)
  :えっと、飲まずに寝ます?

修司:ん

ケイ:まぁ薬飲んじゃったら、添い寝で寝れたかわからないですもんね
  :じゃあ目を閉じて、まずは横になりましょうか

修司はやはり促されるまま目を閉じ横になる。
布団を掛けてやりその隣に滑り込んだ。

ケイ:素直ないい子ですね
  :頭なでられるの、嫌じゃない?

修司:ん

ケイ:ん、じゃあ、暫くこうしてるので

修司:スー……

ケイ:(えっ!?)
:(いやちょっと待って、早い)

頭を撫でるのを止めても深い呼吸は変わらない。
そのまま暫く様子を見てみる。
変化がないのでベッドを抜け出した。

ケイ:修司さん?
  :起きてませんね?

【修司の家の廊下】
ケイ:はぁ……
  :(超展開すぎた)
  :(え、で、どうしよこれ)
  :(ま、まずはシュンさんに報告と相談だ)

ケイLINE:シュンさんどうしましょう!!

シュンLINE:何があった?

ケイLINE:修司さん、寝ました

シュンLINE:は?
      :慌てさせんなよ、さすがだな
      :いやでも早すぎないか?

ケイLINE:そうなんですよ!
     :しかも俺、鍵渡されてないんです、まだ

シュンLINE:あれ?
      :用意しとくよう言ったぞ俺は

ケイLINE:それがその、あんまり辛そうなんで寝室直行しちゃって
     :ほとんど会話ないまま眠られちゃって  
     :ていうか、鍵もらい忘れた俺のミスです
     :すみません

シュンLINE:あー……
      :リビング場所わかる?
      :テーブルの上確認してみて

ケイLINE:許可なく勝手にうろついたら問題あるんじゃ

シュンLINE:俺が許可する
      :だから自力で鍵探せ

ケイLINE:はーい

リビングを探して移動する。

シュンLINE:てかそんな酷かったか?

ケイLINE:かなり酷かったですね
     :あ、鍵発見しました

シュンLINE:じゃあそれ使って
      :ポスト入れて帰宅な

ケイLINE:了解です!

シュンLINE:お疲れ様

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。