イケメン相手にこんな関係になる予定はなかった40

1話戻る→   目次へ→

 ベッドで続き、のつもりでバスルームを出たものの、窓の向こうが暗くなっていることに気づいて、休憩がてら一旦食事へ出かけることになった。
 相手は泊まらないだろうと思いながらのツイン部屋だったが、2つあるベッドを見た相手は、急いで続きをがっつく必要がないと思い至ったらしい。つまり相手は、すっかり一緒に泊まる気でいる。
 できればもう一度イカせたいと相手は思っているはずだし、少し時間を置くことや終えた後にそのまま寝てしまってもいいのは、こちらとしても有り難い。ただ、こちらを酔わせる気で居ることには、食事の途中まで気づけずにいた。
 調子よく次々と酒を勧めてくる相手が、何を狙っているかはわからないでもない。恋人となった相手に、好きだと囁かれながら求められたら、こちらももう、絶対に抱かれるのは嫌だと拒めはしないだろう。
 酔っぱらいでもしなきゃ、抱かれてやるのは難しいかもしれない。でも酔った状態で初めてを奪われてしまうのはなんだか惜しい気もする。
 そう思った結果、後者の気持ちが勝って、途中から相手のペースに巻き込まれて酒を飲むのは止めた。こちらが酒をセーブしだしたことに、相手もどうやら気づいたようで、最後の方はもう酒を勧められることもなくなったけれど、お互い、この後のことには触れずにいる。
 会話の内容は当たり障りのない仕事の話や家族の話、後は共通の友人たちの話などだ。けれど、対面に座る相手の様子は今までとはやはりかなり違う。
 端的に言えば浮かれている。そんな相手にこちらも満更じゃないと思っているから、相手からすれば、こちらも浮かれたように見えているのだろうか。指摘したらやぶ蛇になりそうだったので、相手の機嫌の良さには触れなかった。
 ぎこちないわけではないのに、確実に今までとは違う気配は、多分間違いなく、お互いにこの後の事を意識しているせいだ。意図的に双方とも話題にするのを避けているけれど、避けているからこそ余計に意識してしまうし、相手が意識しているのもわかってしまう。
 酔うのを避けたことで、相手は拒否と思っただろうか。それとも、相手の意図を知りながらも一切釘を差さなかったことで、了承の意を汲んだだろうか。
 相手がその話題に触れたのは、店を出てホテルへ戻る途中の、ドラッグストア前だった。
「ちょっと寄っても、いい?」
 こちらの気持ちを試すような聞き方ではなかったから、どうやら了承を汲み取っていたらしい。
「こだわりないなら、俺が持ってきてるけど」
 言いながら、いやでも相手は使えないかもと思う。こだわり云々ではなく、サイズの問題で。
 ローションはかつてこの身に使われたことがあるボトルを持ってきているが、ゴムは使われたことがないので相手の愛用品を知らないし、自分が使うのと同じ感覚で持ってきてしまった。
「あー……でも、サイズが合わないかも」
「ん、じゃあちょっと行ってくるから待ってて」
 男二人で入店してコンドームを買うのは確かに躊躇われる。わかったと返せば、相手は早足で店内に消えていった。
 目的の品はすぐに見つかったようで、そう待たされることなく、戻ってきた相手と並んで歩く。
「あ、のさ」
 隣から吐き出される声には、なんだか緊張が滲んでいる。
「どうした?」
「今更なんだけど、して、いいんだよね?」
 たしかに今更だなと思ったら、少し笑ってしまった。
「本当に今更だな。その気がなかったら、それ、買いに行かせないだろ」
「うん、まぁ、そうなんだけど。思った以上にあっさり送り出されて、拍子抜けした部分があるっていうか」
 酔わないように気をつけてたのは、酔ったら好き勝手されそうで怖かったからかと聞かれて、そういうんじゃないとは返したけど、酔ってするのが惜しいと思ったからとはさすがに言いにくい。
「そういんじゃないって、じゃあ、どういう理由?」
「えー、いいだろ、それは別に」
「いやだって気になるでしょ」
 相手は当初、酔ってぐでんぐでんになったら了承、と思っていたらしい。なのに酔わないようにセーブしつつも拒否の言葉を出さなかったから、了承なんだとは思ったけれど、想定外の行動だったからかなり理由が気になる、とのことだった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。