イケメン相手にこんな関係になる予定はなかった46

1話戻る→   目次へ→

「うぅっ……」
 やっぱり痛くはないのだけれど、押し込まれる圧が増えて、尻穴が広げられているというのをありありと感じてしまう。イキたいほど感じさせられたまま延々と焦らされるのは嫌だと言ったのはこちらだが、これはこれでなかなか辛い。
 相手のデカいアレを受け入れるために耐えている、という状況からもう、気恥ずかしさで発狂しそうになる。気持ちよさに流されて、という言い訳が効かないから、相手への好意でこの仕打ちを受け入れている現状を突きつけられていた。
 いやまぁ好きなんだけど。相手はもう歴然たる恋人なんだけど。こいつとセックスするなら自分が抱かれる側になることはわかってたし、渋々受け入れる側に回っているわけでもないんだけど。多分、この慣らし作業が終わったら、それなりに気持ち良くもなれるんだろうけど。
「うぅ……ぁ、っく……」
「キツイ? 痛くないよね?」
 興奮しちゃって性急になってる自覚はある、と言った相手が、尻の中をかき回していた手を止めた。
 さっさと慣らし終わって欲しい気持ちは強いが、正直な体は安堵の息を吐き出してしまう。相手の指は入ったままだが、それでもホッと体の力が抜けて、随分と体がこわばっていたらしいと知った。
「ごめん、急ぎすぎたね」
 もうちょっとゆっくり慣らそうと言いながら、埋められたいた指がゆっくりと引き抜かれていったかと思うと、抜けきる前にまたヌプヌプとゆっくり入り込んでくる。そうやって、広げられるような動きではなく、ゆるゆると中を擦られるだけの単調な抜き差しを繰り返された。
 指の本数は増えているはずなのに違和感はだいぶ薄まっていて、それどころか、もどかしいような焦れったいような、なんともいえないウズウズとした気配が腰の辺りに溜まっていくのが不思議だ。
「は……はぁ、……ぁ……、んんっ」
「今の、ちょっと気持ちよさそうだった」
 嬉しげな声に、いちいち指摘してくんなと思ったが、悪態をつく余裕もない。
「うぁ……ぁ、そこ、」
「あ、自分でもわかる? 前立腺、ちゃんと気持ちよくなってきたでしょ?」
 やっぱり相手の声は嬉しげだった。
 ことさらその場所を責められているわけではなく、指は単調な抜き差しを繰り返しているだけなのに、指がその箇所をゆるりと掠める時に快感と呼べそうな痺れが走っている。
 今、さっきみたいに前立腺を狙って押されたり擦られたりしたら、どうなるんだろう。勝手に腰が跳ねるほどの衝撃を思い出してしまって、その想像でゾクゾクしてしまった。期待、しているんだろうか。妙な不快感から、もう弄られたくないと思っていたのに。
「ぁっ……ぁあ……」
「お尻の中、ちゃんと気持ちぃね」
「い、うなっ」
「だって嬉しくて。それより、ちょっと腰、上げられる?」
 ゆるゆるとしか動いていない指の動きが止まったので、言われるまま腰を浮かせば、枕との間にするりと相手の手が入り込んでくる。
「ぁあっっ」
「ガチガチ」
「いう、な、って」
「先走りもいっぱいこぼしたね。先っぽヌルヌルしてる」
 んふふと嬉しげに笑う相手は、指摘するなと言うこちらの訴えを聞く気が全くないらしい。
 確かめるように一通りペニスの形をたどった後、相手の手がきゅっとペニスを握りしめる。と同時に、どうやら更にお尻に入れられる指の本数が増えたらしく、快感なのか苦痛なのかわからない悲鳴が口から溢れてしまう。
「んぁぁあっっ」
「ごめんね。もうちょっと、慣らさせて」
「ぁ、あぁ、あっ、あ、ちょっ、ぁ、まっ」
 ずっとゆるゆると単調に中を擦っていた指が、またグチャグチャと乱雑に穴の中をかき回す。しかもペニスを握った手はそのままで動かず、そこで気持ちよくしてもらえるのだと思っていた期待が外れて、どうして、という気持ちが膨らみ混乱していた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。