イケメン相手にこんな関係になる予定はなかった45

1話戻る→   目次へ→

 ローションをまとってヌルヌルになった指先が、再度尻の谷間を割って穴に触れれば、先ほど感じたゾクゾクを倍増ししたみたいな感覚に、一瞬で肌が粟立つのがわかる。
「うぅ……」
「ぬるぬる、気持ちぃ?」
 手のひらに触れた布を思わず握りしめて呻けば、そのヌルヌルを穴に塗りつけるみたいに指を動かされて、背後から少し笑うみたいな声が掛かった。疑問符は付いているが、気持ちいいよね、と確信している言い方だ。
「きくな、よ」
「入るから、なるべく楽にしてて」
「ぁっ……」
 指先の圧が増すと同時に、ツプリと指が侵入してくるのがわかる。お尻の中に異物が侵入している、という状態にはなんとなく覚えがあるものの、記憶の中よりもかなり違和感が強い。
 酔いが足りないからというよりは、きっとペニスを弄られていないせいで、以前は多分、ペニスに与えられる快感で色々とごまかされていた。
「痛かった?」
「くは、ない」
「ん、なら、良かった」
 久々だからかやっぱり結構キツイね、などと続いた声がどことなく嬉しそうだったが、こちらとしては気が気じゃない。かつてその場所がどれほど広がっていたのかはさっぱりわからないが、久しく弄られずに締まってしまったというなら、相手を受け入れられるほど広がるまでにどれだけ時間を要するのだろう。
 無理に突っ込んで流血沙汰などはないと思ってはいるが、あのサイズを突っ込まれるのだから、丁寧にしっかりと慣らされた方がいいに決まっている。けれど、もっと手早くササッと準備が終わってくれたらいいのにと思ってしまう。相手はきっとこの準備ですら楽しめるのだろうけれど、この違和感をどれくらいの時間耐えなければならないのかと思うと憂鬱だ。
 ローションをなじませるように、ゆっくりと指が前後している。まだ1本だからか全く痛みは感じないが、かといって、気持ちがいいとも言い難い、なんとも妙な感覚だった。
「んぅっ、」
 前後していた指が止まって、中でぐっと指先に力がこもったと思ったら、腰が勝手にビクリと跳ねて驚く。一瞬、体の中をビリっと電気が走るような感じがした。
「ああ、これ、だね」
「ちょっ、え、なに」
「前立腺、聞いたことない?」
 お尻の中で気持ちよくなれるとこ、などと解説されながら、先程押されて電気が走った場所を、ゆるゆると撫でられる。さっきほどの強い衝撃はないが、体の中からジワジワ痺れるような感覚がしてなんとも不快だった。
「久々なのと、多分まだそこまで感じてないからかな。見つけるの手間取っちゃった」
「うぁ、や、も、やめ」
「うん、ここはまた後でにしよう」
 ここだけ弄られて感じるわけじゃないもんねと、こちらが全く認識できていない、こちらの体を知り尽くしたようなことを言って、相手の指が一旦全て引き抜かれたので、あまりの安堵に全身から力が抜ける。
「気持ちいいどころか、なんか、妙な、つか、どっちかっつうと気持ち悪かったんだけど」
「今はまだ、ってだけじゃない? イキたいほど感じてたら、多分、そこも気持ちいいはずなんだよね」
 後でもう一度弄られるのは嫌だなという気持ちは多分伝わったと思うが、相手に取り合ってくれる気はないようだ。いやまぁ、だろうと思ったけど。過去に酔ってそこを弄られ、しっかり痴態を晒したのだろうから、感じないと言ったところで信じないのも仕方がない。
「でも気持ちよくなるのは先にもうちょっと広げてからね」
 一度全ての指が抜かれたのは、ローションの追加と突っ込む指の本数を増やすためだったらしい。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。