イケメン相手にこんな関係になる予定はなかった5

1話戻る→   目次へ→

「ねぇ、お礼、していい?」
「それ、ご褒美ちょうだい、としか聞こえねぇんだけど」
「させてくれんならどっちでもいいよ」
 ご褒美ちょうだいって言う? と聞かれて、要らないと返す。やることは変わらないので、ご褒美を与えるよりもお礼を受け取る方がまだマシだ。
 強く拒否を示さなければ許可したも同然で、了承と受け取った相手が立ち上がる。短な距離だが手を引かれて、先程まで腰掛けていたベッドに逆戻りし、相手のなすがままズボンも下着も手早く脱がされてしまう。股間はまったく萌していなかったけれど、大きな手に包まれて慣れ親しんだ仕草で撫で擦られれば、すぐに頭を擡げていく。
「ふふっ」
 反応の速さに、満足気に笑った相手の口元に指を伸ばした。唇を指先で軽くなぞってやれば、相手は何かを察したらしい。
「舐めて欲しいの?」
「そりゃ、めちゃくちゃ気持ちよかった、し。礼だってなら……いやまぁ、今日は酔ってるわけじゃないから、無理にとは言わないけど」
 先日の誕生日に、双方ともに酔っ払うという経験をした結果、人の口でして貰う気持ちよさを知ってしまった。シラフだったら相手は舐めれそうなどと言い出さなかったと思うし、自分だってそんなことはするなとお断りしていたと思う。
「無理じゃないけど、先にキスしていい?」
「えっ?」
「この前、舐めた後でキスしたのめちゃくちゃ嫌そうにしてたから。今日は先にキスさせてよ」
「え、キスもすんの?」
「だめなの? キスも気持ちよさそうにしてたと思ったんだけど」
 実のところ、酔っ払った勢いでキスもしていた。自分にとってはファーストキスで、もちろん、この男相手にファーストキスを済ませる気など一切なかったのに。酔ってふわふわと思考を散らしていたせいで、普段なら嫌だとかダメだとか素早く一蹴しているところを、拒絶しそこねてしまったのだ。
 嫌そうにしていたのは、ファーストキスを奪われたことに気づいたせいもある。もちろん、あれを舐めた後の口、というのに抵抗感があったのも事実だけれど。
「あー……まぁ、確かに」
 気持ちが良かったことを否定する気はないし、既にファーストキスを失ってしまった以上、拒否する理由も特に無い。今までは興奮した相手が口を寄せてくるのをきっぱり拒否してツレナイと気落ちさせてきたが、そのせいもあってか、初めてのキスで気持ちよく喘いでしまったこちらに、随分と嬉しそうにしていたのを覚えている。あの顔がまた見れるなら、まぁいいか、と気持ちが揺れた。愛想のいいイケメンはズルい。
「いい?」
「ぅん」
 小さく頷けば、それだけでふわっと嬉しげに笑ってみせるから、本当にズルい。しかもその顔がどんどんと近づいてくるのだから、直視し続けるのがツラくなって早々に目を閉じてしまった。
 唇に、ふわりと柔らかな感触が押し当てられて、軽く吸われたり喰まれたりを何度か繰り返すうちに、体の力が抜けていく。シラフでのキスに多少なりとも緊張していたらしいと、力が抜けてから気づいた。
「んっ……んっ、ふっ……」
 意図的に唇を解いて隙間を作ってやれば、見逃すことなくその隙間に舌が伸びてくる。さっそく舌先に口蓋を擽られて、ゾクゾクとした何かが背を這った。
「ん、ぁ……おまっ、……ぁっ」
 口の中を探られながらペニスを扱かれると、気持ちよさが何倍にも跳ね上がる。
「きもちよさそ」
「そりゃ、てか、やり過ぎたら先イッちまうぞ」
「それは一応気をつけてる」
「あんま焦らされんのもヤなんだけど」
「わかってるよ」
 キスできるの嬉しくてついいっぱいしちゃったと言いながら、最後にチュッとわざとらしく音を立てて唇を吸った後、ようやく相手の頭が股間へ向かって下がっていった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。