金に困ってAV出演してみた11

1話戻る→   目次へ→

 手料理を振る舞って貰うというよりは、なんだかんだで結局一緒にキッチンに立って、食事中にAVってどうなんだと思いながらも、がっつりエロい展開になる前に食べ終えそうだからまぁいいかと、彼が一緒に見たいと言っていた、前回の撮影のざっくり編集版とやらを見た。
 正直、髪色の違う自分にまだ馴染んでいないのと、自身の映像を見る機会の少なさに、どこか他人を見ているみたいだ。どちらかというと、画面の中の彼に、あの日の記憶が刺激されてそわそわしてしまう。
 なお、いつの間にかカメラと場所を交代されて、バッチリ正面から撮影されたキス待ち顔は、結局使われなかったらしい。言われなければ忘れていたのに。しかも、わざわざ残念だと言っただけでなく、でも実はその部分の動画は貰ってると、テレビではなく彼の携帯の小さな画面を見せられた。更にそれは、カメラに気づいてうぎゃっと驚く悲鳴まで、しっかり映っていた。
 自分じゃないみたいだとは思いつつも、それが自身だという認識はあるし、ましてやその場面を思い出すように可愛かったと言われると、さすがに照れくさい。そして照れてしまう姿をまた、可愛いと称される。
 一緒に料理をしながら、食事をしながら、自分たちのAVを見ながら、何度となく可愛いと繰り返された。ついでに言うなら、可愛い可愛いと繰り返す彼自身が、ずっと可愛らしい笑顔を振りまいてもいるんだけど。
 これはやっぱり、口説かれているんだろうか。とは思うが、真意がどこにあるかはイマイチわからなかった。
 ワンチャン有りと思っているから、という可能性が高そうなのに、でもこの部屋に上がってから既に数回キスを許しているにも関わらず、その先に進む気配がない。そのまま押し倒されもしないし、寝室に誘われることもない。
 だからといって、恋人になりたいだとか、付き合いたいだとか、そんな意味合いで可愛いと繰り返したり、タイミングをはかって唇を寄せて来ているとも考えにくかった。だって既に、恋人は暫く要らないのだと宣言済みだ。
 信じていた恋人に裏切られたばかりだから、という理由も告げている。というよりは、なんでこの世界に踏み込んだか、今後どんな活躍を考えているかを聞かれて、ここへ来るまでの車中で色々ぶちまけてしまった中に、元カレが大きく関わっていただけなんだけど。
 そう日を開けずに二本目の撮影に挑んだことから、金銭的に困窮してる可能性が高いことは見抜かれていた。ただまだ借金を抱えてはいない。
 返す当てもないのに金を借りるのは躊躇われて、払いの良い仕事を探したと言えば、やっぱり見かけと違って中身は随分と真面目そうだと言われたので、この仕事のためだけに髪色を変えたことも、本業は大学生で春休みが終われば髪色は元に戻すつもりだということも教えた。
 そうすれば当然、長く続ける気がないことは伝わったし、春休みという限られた時間の中で稼がなければならない事情も、理解してくれたようだった。
 次の仕事のことで多少は融通が利くかも知れないと言われれば、今日の現場に内容まで把握した上で顔を出したことや、ざっくり編集版を焼いて貰えるような立場だってことからも、その言葉を疑う気にはならなかった。必要に迫られて断ることをし難い現状、藁にもすがる思いだったのも認める。もし選べるなら、今日みたいな撮影よりも、前回みたいな撮影のほうがいい。
 そして気づけば、最低限必要な残り額も、それが生活費だということも、仕送りと貯金とを恋人だったはずの男に持ち逃げされたなんて情けない理由までも、話していた。合鍵までは渡していなかったから、もしかしたら、本気で取り返そうと思うなら警察沙汰にも出来るのかも知れない。
 でも親は息子がゲイだとは知らないし、友人と呼ぶには歳の離れた相手だし、頻繁に家に上げていたという落ち度はあるしで、結局大事にはしたくなくて諦めるしかなかった。ただ、そんな事情なので、当分恋人なんて作れそうにない。
 でも、もしかして。恋人は暫く要らないと宣言してしまったからこそ、その理由を理解してくれてるからこそ、付き合いたいとは言い出せないまま、随分と中途半端に、口説いてるのかどうかも微妙な態度だったりするんだろうか。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。