金に困ってAV出演してみた28

1話戻る→   目次へ→

 やがて、涙が止まってこちらの呼吸が整うのを待ってくれていた相手が、そろそろ大丈夫かなと言って口を開く。
「あんなに怖い怖い言いながら泣くのに、なんで今日に限って、嫌だも止めても許しても、言わなかったの」
「それは……」
 言葉を濁したのは、意図的に避けた面がないわけじゃないからだ。口調は優しいし、怒られているようには感じないけれど、それでも、時々嫌だとか止めてとか言ってねって言われていたのを無視してしまったのを咎められているのかも知れない。
「言えなかった? 言っても無駄って思った? 嫌がったら、尿道プラグ使われちゃうかも、とか思ってた?」
 困惑と後悔とが滲む、顔と声だと思った。多分、言えなかったなら申し訳ないと思っているのだ。
 ああこれはもしかしなくても、嫌だとか止めてとか許してってお願いしたら、ちゃんと加減してくれる気があったっぽい。きっと、使われたことのないオモチャに本気で怯えて戸惑う姿が撮りたかっただけで、怖い怖いと泣く姿が欲しかったわけじゃないんだろう。
「ちが、くて。そうじゃ、なくて」
「うん。理由あるなら、教えて?」
 謝ったほうがいいのかと焦りながらも取り敢えずで否定の声を上げれば、柔らかな声が先を促す。
「あの、奥で感じるようになって、その、他の人とじゃ満足できない体になったら、嬉しいんだろうなって、思った、から……」
「なっ、えっ?!」
 酷く驚かせた上に、言葉に詰まった様子で半開きの口のまま止まってしまったので、ますます焦る。だって今まで彼が言葉に詰まるなんてことはなかった。いつだってペラペラと、架空の物語をその口で綴っていたのに。
「あの、ゴメン。怖いのは初めてだからで、我慢して任せてたら、本当に奥も感じて気持ちよくなるのかもって思ったし、だから、その、」
「うん。待って。お願いだから、ちょっと、待って」
 あわあわと慌てるこちらを、強くて静かな声が制す。ハッとして言われた通りに口を閉じれば、相手は深呼吸を一つした後で、少し意地の悪い笑顔を浮かべてみせる。
「先生ってさ、やっぱ俺のこと、相当好きなんじゃないの?」
「えっ……あ……」
 先生と呼ばれたことで撮影中だということを思い出した。休憩を入れなくていいと言ったのは自分で、この彼は取り敢えずカメラは回しておけ派で、そういやカットの声だって掛かっていない。スタッフに抱えられて体勢を変えられたのと、安定した姿勢にかなりホッとしたのとで、撮影は中断したような気になっていたらしい。
「もしかして、今、自覚した?」
「えーあー……その、うん」
 撮影中と思わなくて、なんて言えるはずもないので、こちらのおかしな反応はそういう事にして貰ったほうがいい。頷けば、フッと小さな息を吐いた相手の顔が、嬉しそうに緩んでいく。
「ねぇじゃあ言ってよ、先生」
「えっと、好きだ、よ」
「それ、本気にするよ?」
「ん、いいよ」
 じゃあキスしていいよね、の言葉の後で、相手の顔が近づいてくる。じゃあってなんだろうと思いながらも、そういやこの撮影が始まってから初めてのキスだなと気づいた。
「なんで、今までは、キスしなかったの?」
 軽く唇を触れ合わせたり、唇を啄まれたり程度の軽いキスが繰り返されていたから、その合間に問いかけてみる。
「さぁ、なんとなく」
 そんな言葉で濁されてしまったけれど、なんとなく、なんて理由があるだろうか。彼ならもっとはっきり、なんらかの意図があって、キスを避けてたんだと思ったのに。
 撮影が終わったら、もう一度聞いてみようか。先生には言いたくなくても、役を降りたら教えてくれるかも知れない。なんてことを思っていたら。
「嘘」
「うそ、って?」
「キスは、しちゃダメって思ってただけ」
「なんで?」
「キスしたら、きっと、俺だけが好きで好きでしょうがない現実と、向き合うって思ってたから」
「へぇ……?」
 わかるようなわからないようなと思いながらの曖昧な返答に、相手はあっさり、わからなくていいよと言って薄く笑う。その笑みが近づいて再度触れ合った唇は、今度こそ深く探り合うキスになったから、彼の告げた言葉の意味を考えられる余裕なんてないまま、久々に与えられたキスの快感に酔いしれてしまった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。