金に困ってAV出演してみた31

1話戻る→   目次へ→

 撮影終了後、作業が一段落してからゆっくり話がしたいと言われて了承したら、思いの外待たされたので、すでに大学の夏休みは終わっている。今見ているのもざっくり編集版ではなくて、製品版(仮)らしい。
「期待はしていい、って思ってるんだけど」
 横から伸びてきた手が、サラリと髪を梳いていく。大学は始まっているが、今日も髪色は黒じゃない。わざわざ染めて来たのは、彼との交際を受け入れる気があるからで、もっと言うなら、この後抱かれることもそれを撮影されるだろうことも、想定しているせいだ。
 だって待ち合わせで指定された駅には覚えが合って、連れて来られたのは予想に違わず、あの隠しカメラ満載な家だった。今日も盗撮してるのかを確かめては居ないが、まぁまず間違いなく、カメラは回っているだろうと思っている。
「付き合ってもいい、とは思ってる」
「だって拒否したら脅されて調教されちゃうし?」
「というよりは、ちゃんと俺を好きで、簡単に捨てないでくれる気が、ありそうだから」
 それでも一応の確認で、あるんだろと確かめてしまえば、躊躇うことなく頷かれただけでなく、凄く好きだよの言葉もくれた。
「でも、本当にいいの? 恋人、要らないって言ってたのに」
「拒否したら脅してでも手に入れる、みたいな事匂わされたら、最初っから恋人でいいかと思って」
「えーっと、やっぱ、俺があの日あんなこと言ったから、仕方なく受け入れてくれようとしてる?」
「じゃなくて。だってこんなのリアルで繰り返すの、バカらしいだろ」
 こんなの、と言いながら指差したのは、もちろんテレビ画面だ。
「俺を脅して、他の男じゃ満足できないような体に躾けようとして、苦しんでる顔なんか見せられても困るよ。というか脅してでも手に入れたいよって言われた時点で、もういいというか、本気で言ってるなら俺も好きを返したいと思うって言うか」
「ねぇ、お人好しって言われない?」
「ちょろすぎ、とか思ってんだろ」
「まぁ、多少は」
「だって俺には演技と本気の見分けなんかつかないし。あの時、脅して自分のものにするのもあり、みたいに言ってたの、本気っぽいと思っちゃったし。どうしたって、これと被せて考えちゃうし。でも恋人になるってのがフィクションじゃないのもわかってるから、一生を約束してくれとは言わないし、恋人にはなる気で来たけど、他の男じゃなきゃ満足できないような体にされるのまで受け入れるとは言ってない」
「えっ、ちょっ、待って」
「セックスにオモチャ使うのなしで、とまでは言わないけど、結腸開発だの尿道開発だのされるのは嫌だ。って言ったら、俺に好きだって言ったの、撤回する?」
「それは、しない」
「あ……そう、なんだ」
 悔しそうな顔だったけれど即答されて、いささかマヌケな声が出てしまった。いやだって、これ言ったら撤回するかもと思っていたし、せめてもうちょっと迷うだろうと思っていた。
「えっと、そういうのがしたい性癖、じゃないの? 正直、縛られたり監禁調教っぽいのにも、付き合えないと思ってるんだけど」
 恋人なんだからと強気で迫られてしまったら拒否しきれない可能性は、過去の経験で思い知っている。喜んでくれるならと受け入れ続けてしまえば、本当に、他の男じゃ満足できない体にされてしまうかも知れない。というよりも、される気しかしない。
 さすがにそれは困る。フィクションなら一生手放さないを信じられても、現実ではそこまで相手を信じられないし、信じては行けないのだということももう、知っているのだから。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。