今更なのに拒めない7

1話戻る→   目次へ→

 もし今の彼に惚れる事があれば、相手はそれを嬉しいと思ってくれる。というのは確認したものの、彼に向かって惚れただの好きになっただのと伝えてはいなかった。
 好意は間違いなくあるし、彼との行為は気持ちがいいし、今の状況が続いたらいいなと思う気持ちもある。ただそれを恋愛感情と呼ぶのかはよくわからなくて、というよりも多分呼ばない気がして、曖昧に濁したままだった。
 相手も、特に確かめるようなことは言ってこない。ただ、纏う気配がますます甘くなったな、とは思う。とはいえ、彼に惚れる可能性があることでの変化、というよりは、こちらの体が順調に開発されている故の変化、という気もしている。
「ぁ、ぁ、っ、んっ、ぁ」
 決して強く突かれているわけじゃない。小さな動きで優しく奥を、結腸の入り口を、何度も押し上げられているだけだ。
 それでも、お腹の奥を持ち上げられるたびに、あっあっと音の乗った息が、まるでお腹の中から押し出されてくるみたいにこぼれてしまう。
 揺らされるお腹の奥がじわっと熱くて、じんわりと痺れるような感じがして、なんだか凄くもどかしい。多分きっと、もう少しで、それらがキモチイイに転化する気がするのに。
「気持ちよくなれそ?」
「ん、んー……も、ちょっと、」
 何かが足りない。というこちらの訴えに、相手も少しばかり何かを考えた後。
「なぁ、キスでもしてみる?」
「え……?」
「やだ?」
「いや、じゃ、ない。けど、」
 なんで、今更キスなんて。と続けたいはずの言葉を吐き出すより先に、顔が寄せられ唇が塞がれてしまった。
 ちゅっちゅと啄むように軽く吸われる唇の上で小さな快感が弾けて、それがサワワと広がっていく。はぁ、と吐き出す息に熱がこもって、相手が満足げに笑う気配がした。
「口開けて、舌、出せるか?」
 言われるがまま、軽く口を開いて舌を差し出す。
「いいの?」
「ん?」
 何が、と問う前に、差し出した舌をパクリと食まれ、相手の口内で相手の舌と触れ合った。舌先を舐められ吸われ甘噛みされて、ゾクリと背筋を這い登ってくる何かを吐き出そうともっと大きく口を開ければ、差し出す舌の上をなぞるようにして、相手の舌が口内へ侵入してくる。
「んっ、んっ、ふ……ぅ、」
 思えば、される側のキス、というのは初めてだった。過去にいた彼女たちとのキスを思い返しても、相手の口内を探る真似はしたことがあるが、逆の経験はしたことがない。
 いいのかと聞かれたのは、もしかしてその事実に、気づかれていたのかも知れない。もしくは、彼に口内を探らせることを許すのか、という意味だったかも知れないけれど。
 なんせ高校時代、セックスまでするような仲だったくせに、彼とキスをしたことはなかった。求められなかったし、求めなかった。持て余す性欲の発散に、そんなものは必要がなかった。
 気持ちがいい所に相手の舌が触れて、快感に身を震わせれば、見逃すことなく重点的にその場所を責められる。口の中で感じる、という慣れない経験に必死で息を継ぐものの、だんだんと酸欠気味になって頭がぼんやり霞みだす。
 そんな中、動きを止めていたアナルビーズにまたお腹の奥を押し上げられて、何かが一気に溢れ出した。
「んぅ、んんっ、ぁは、」
 慌てるこちらに気づいたようで、顔を離した相手が心配げに見下ろしてくる。同時に、アナルビーズの動きも止めてくれたが、お腹の中が蠢いて勝手にそれを動かしてしまう。
「やぁ、あっ、待って、ぁ」
 何もされていないのに、何を待てと言うんだろう。頭の中ではわかっているのに、口からは泣き言みたいに待って待ってとこぼれ出る。
「もしかして、気持ちよく、なれてる?」
「わか、な。あ、ぁ、でも、くる、きそう、やぁ、あ、」
 大きな波に飲み込まれていきそうな恐怖に、腕を伸ばして眼の前の男の肩を掴んだ。縋るように引き寄せればそのまま体を寄せてくれて、嬉しそうな顔でちゅっと軽いキスを一つ落とした後、もぞっと背中とベッドマットの間に片腕を差し込んでくる。少しだけ背が浮いて、ギュウと抱きしめられたから、こちらもギュウと抱き返せば、なんだか酷く安心した。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。