太らせてから頂きます

 奢ってやるから出ておいでーとラインを送れば、すぐに既読がついて、どこ、という簡素な返事が書き込まれた。
 一応大学サークルの後輩なのだが、ラインの文面はいつもこんなだ。携帯で文章を打つのが苦手だとかで、だからちゃんと返事が来るだけマシらしい。まぁ、返事が来るのは奢るって内容で呼びかけたからなんだけど。
 しかも、サークルの後輩なのに、こうしたサークル以外の個人的な呼び出しで会ってる時間のほうが明らかに多い。というか現在のこいつはほぼ幽霊会員というやつだ。
 理由は実家の経済状況が悪化して仕送り額が大きく減ったから。バイト増やして顔出せなくなるから辞めると言うのを引き止めて、取り敢えず籍を置いたままにさせたのは自分だ。
 こちらも簡素に家とだけ書き込めば、次はピザとだけ返る。その後も単語だけみたいなやり取りを数回繰り返し、終えた後は相手希望のピザを注文した。すぐ出れると言っていたから、到着はきっと同じくらいになるだろう。
 やがてチャイムが鳴り、先に到着したのはピザではなく呼びつけた相手だった。
「ごちになりまーす」
 ラインの文面とは打って変わって、笑顔と共に元気よく告げながら、相手は手にしたビニル袋を差し出してくる。近所のスーパーの名前入りビニル袋の中身は、1.5リットルサイズの炭酸飲料ペットボトルだ。
「はいはい。ごちそうしますよー」
 上がってと促し、自分は受け取ったペットボトルを持っていったんキッチンに立った。
 中身をグラスに注いで部屋に持っていけば、慣れた様子で既に座卓前に腰を下ろしていた相手が、わかりやすく嬉しそうな顔をする。まぁ、ピザと一緒に飲みたくて買ってきたのだろうから、当然の顔なんだけど。
 チャイムが鳴って、今度こそピザが届いたらしい。パッと期待に輝く顔に、可愛いなぁと思う気持ちを噛み締めつつ、もう一度玄関へ向かった。
 待ちきれないのか席を立って付いてくるのもまた可愛い。
 受け取った商品を持ってってと押し付けて、金を払ってから部屋へ戻れば、ピザの箱は既に蓋が開いていた。さすがに手を出してはいないが、こちらの動きを追う目が早くと急かしてくる。
「お待たせ、食べよっか」
「いただきまーす!」
 自分も席に着いて声を掛ければ、やはり元気の良い声が返って、目の前の箱からピザが一切れ消えていく。そしてあっという間に箱のなかは空っぽになった。
「お腹いっぱいになった?」
 聞かなくてもわかるけどと思いながらも、満足気な顔に問いかける。こくりと頷いて、美味かったっすと笑われて、こちらも嬉しくなって笑い返す。
「先輩って、ホント太っ腹っすよね」
「あれ? 下心あるよって前に言わなかった?」
「聞きましたけど、でも何かされたこと一度もないし」
「ヘンゼルとグレーテルの時代から、餌付けして太らせてからおいしく頂くもの、って決まってるからな」
 まったく本気にしてないようで、それじゃあ絶対太れないなぁと笑っている。彼の事情に同情して、時々食事を奢ってくれる先輩、という位置づけなのはわかっていた。
 でも同情してるわけじゃなくて、つけ込んでるって見方が正しい。もちろんそんなの教えないけど。
 餌付けってのは美味いものを食べさせるってだけの意味じゃない。体を太らせるとも言ってない。
 こうして二人で過ごす時間全てが餌付けであり、一番太らせたいのは相手が自分へ向けてくれる想いだって、相手に気づかれた瞬間が多分食べ時。できれば丸々太って先輩好き好きーって状態でおいしく頂きたい。
 時期が来たらむりやり気付かせて食べるつもりだけど、まだまだその時期じゃない。だから今はまだ、何も気づかずにいてほしい。
「いつかお前が太るの楽しみだなぁ~」
「だから太りませんってば」
「じゃあもっともっと食べさせないとなぁ」
「あざーっす」
 言ったら、こちらの思惑通り単純に、また奢ってやるって意味に捉えた相手が嬉しそうに笑った。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP