カウントダウンで怯えて泣いて1

 神への冒涜って感じがするから初詣だけは嫌だ。と言われていたので、とあるテーマパークの年越しカウントダウンイベントを選んだ。
 せっかくなので同じ学科の友人何人かに声を掛けたら、あれよあれよとそこそこの大人数になってしまったが、どうせ春には卒業だと思えば、万が一バレても残り数ヶ月がちょっと気まずい程度だろう。
 そういうことになったからと伝えるまでもなく、それは学科が一緒の恋人の耳にも入り、当たり前だが何考えてんだとめちゃくちゃ怒られた。それを、きっと最高に興奮する夜になるよと、うっとり笑って封殺する。この笑顔に相手が弱いことなんて、とっくに知ってる。
 もちろん気付かれないようにはするし、万が一の時には絶対に守りきってやるつもりではいるけれど、そんなこちらの覚悟を相手に知らせる必要はないだろう。互いの性癖を知ったことから、そういった関係になって日が浅いのもあって、まだまだ信頼なんて程遠いのはわかっている。でも信頼がないからこそ、相手の不安を大きく煽れそうだとも思っていた。

 カウントダウンを待つ人混みの中、仲間内では一番後方にそっと陣取り、右隣に立つ恋人にピッタリ寄り添ったあと、相手のポケットへ右手を突っ込んだ。コートはもちろん事前に細工済みで、手はそのままポケットを突き抜けて、すぐに相手の服へと触れる。
 相手がビクリと肩を跳ねるのに構わず、目指したのは当然股間部分で、そこにはズボンのフロントから引きずり出されているペニスが熱を持って硬く勃ち上がっていた。確かめるように触れた先端は、たっぷりと先走りを零してびしょびしょに濡れている。
 愛しさがこみ上げふふっと漏れ出る小さな笑いに反応して、ガチガチに緊張している相手が、チラリと縋るような視線を流してくるから、耳元へ口を寄せて可愛いと囁いてやった。囁きながら、握り込んでゆるゆると上下に扱きだす。
「ふぁ……んっっ」
「うん。声はなるべく我慢しとこうね」
 慌てて口を両手で押さえた相手に、アイツらに気付かれて振り向かれたら大変だもんねと釘を差してから、耳元へ寄せていた頭を離した。
 後はもう、カウントダウンの間中握ったペニスへ緩やかな刺激を送り続け、カウントゼロを数える間際に数度だけ、イかせる強さでギュッギュと扱く。大きく体を震わせたものの、根本を戒められているせいで、その程度で射精してしまうことはない。
 年が明けた瞬間にポケットからは手を引き抜いたけれど、ガクリと沈んだ隣の体を支えるのに必死で、お祝いムードで盛り上がる周りのテンションには一切乗れなかった。しかしそれも却って好都合というものだ。一番近くに居た友人に、向こうのベンチで休ませるからと声を掛けて、恋人を抱えて人波をかき分け隅のベンチへ向かって進む。
「ぁ、……っあ、ぁあっ……」
 口から外れた手はダラリと垂れ下がっていて、もう声を押さえ込む余力がないらしい。フルフルと頭を振って嫌がるのを無視して、脇の下から回した手でコート越しに相手の胸辺りをグニグニと強く揉んでやれば、泣いているようにも聞える切なげな吐息が漏れた。
 さすがにコート越しにピンポイントで乳首を責めてやることは出来ないけれど、胸の先に付けてやった飾りが揺すられれば、興奮してぷっくり腫れているだろう乳首に、十分な刺激が与えられているはずだ。
「気分は悪くなってない?」
 運んだベンチに腰を下ろさせ、自分は座らず正面に立って、相手を窺うように腰を曲げる。もちろん、感じ入ってトロトロになっているはずの恋人の顔を、自分の体で隠すためだ。
 両頬を手の平で挟んで少し強引に上向かせた顔は、想像通りに興奮しきって真っ赤になっている。少し怯えさせてしまったのか、潤んでユラユラと揺れる瞳が不安げだ。でも、怒っては居ない。まだまだ踏み込んでも良さそうだ。
「もう少し頑張れそう?」
 さすがにキツイのか、無理だというように首を横に振る仕草をした相手に、連れて帰るから暫く具合悪いふりしててと告げて、一度背後を振り返る。多少は落ち着いた様子の人混みの中から、そろそろ友人たちが出てくるだろう。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP