金に困ってAV出演してみた16

1話戻る→   目次へ→

 風呂を出た後は、疲れてるだろうけどちょっと真面目な話をしようと言われて、リビングに通される。
「真面目な話っていうか、今後の仕事の話なんだけど」
「あ、もしかして、仕事内容に融通利くかもとか言ってたやつ?」
「まぁそうかな」
「どんな融通が利くもんなの?」
「あー、いや、そういうのとはちょっと違う。というか、さっきのセックス、売り払う許可が欲しいんだよね」
「は?」
 最初はさっぱり意味がわからなかったけれど、どうやらこの部屋は彼の自宅というわけではなく、あちこちに盗撮用の隠しカメラが設置されていて、この部屋に入った時からずっと撮影されていたらしい。
 それを聞いても、どうりで、という納得しかなかった。はじめましてがAV撮影現場で、会うのは二度目で、本名も知らないような男をよく自宅に連れ込む気になると思っていた。高校卒業したばかりの男の子が一人暮らしをするにしては広いなと思ってもいた。
 ついでに言うなら、カメラは彼の車にも設置されてたというから、つまりは、車に乗り込んでから先のやりとりは全部記録されているようだ。
 要するに、それらを編集して、プライベート盗撮風の作品として売っていいかという話らしかった。盗撮風というか、何も知らされていなかった以上、盗撮以外の何物でもないんだけど。もちろん先程風呂場で撮っていた動画も混ぜ込むつもりだと言われたから、盗撮じゃないのなんてそこだけだ。
「プライベートな事情は一切入れない編集を俺がする。気になるなら、完成後にチェックして貰ってもいい。ギャラは条件次第だけど、さっき聞いた必要額に色付けて出す気がある」
「は?」
「この提案に頷いてくれたら、お金のために仕方なく出る必要がなくなって、結果的に不本意な撮影に無理して応じなくても良くなるでしょ? って言うのが、次の仕事に融通利かせられるかも、って意味だったんだけど」
「あー……まぁ、それは、そうか」
「で、いい?」
「ダメ、ではないけど……」
 彼には色々話してしまったけれど、そういったプライベートな事情は削ると言っていた言葉を疑ってはいないし、盗撮されていたことも、それを売りたいと言われたことも、別にそこまで問題じゃない。
 さっき風呂場のイチャイチャを撮影したいと言われた時に、動画流出の可能性を考えた上で許可した。あの時考えたのは、こちらの知らないうちに流出する可能性だったから、こうして事前に許可を取り、金銭を支払うと言われているのは、誠実な対応をされている気もする。それに既に終わったセックスが金銭換算されるのは、むしろ有り難い提案だった。
 それでも、即答でいいよとは言いにくい。言うなればさすがに警戒していた。だってあまりにも美味しい話過ぎる。こちらに都合が良すぎて、何か大きな落とし穴でも待ち受けていそうで怖かった。
「ではないけど?」
「ギャラ、多すぎない? 条件って、何?」
 まだ二本しか出演していないけれど、ダントツで高額を提示されたのが解せないのだ。まぁ、この世界の適正価格なんて良くわからないし、他スタッフが居ない分だとか、勝手に盗撮してたからだとか言われたら、納得してしまいそうではあるが。
「条件は、いつか俺が初監督する作品への出演予約、かな」
「は?」
「さっき、撮る側になりたいって言ったでしょ。厳密に言えば、許可を貰った時点で初監督作品はこのプライベート盗撮になるんだろうけど、ちゃんとスタッフ揃えて撮る初作品に、出て欲しい」
 大学の長期休暇に合わせてスケジュールを組むから、また髪色を変えて戻ってきて、みたいなことを言われて、そういやさっきも似たような話をしたなと思う。
「えっと、あれの続編だけなら考えなくもない、って言ったと思うんだけど」
「うん。だけどあれの続編を出そうなんて話が持ち上がるかはわからないし、それを約束にしたくはないんだよね。でも俺はいつか、というか近いうちに必ず撮る側になるから、それを約束にしておけば、絶対にもう一度現場で会えるでしょ」
「うーん……」
「やっぱりこの世界にはもう戻ってきたくない感じ?」
「じゃなくてさ、続編だけならって言ったのは、相手がわかってるからってのも大きくて」
 彼が撮る側になるなら、相手役は別に用意されるのだろうし、彼の前で彼以外の男に抱かれて、上手く感じられる自信が全く無い。
「あ、相手はもちろん俺で」
「は?」
「撮る側って、制作側って意味で使ってた。俺もカメラは持つかもだけど、他のカメラも用意するし、なんていうか、俺が撮りたい俺主役の作品に、相手役で出て、みたいな?」
 まだ一本目すら発売されていなくて、この世界の自分の価値なんてさっぱりわからないんだけど、ここまでして引き止められているからには売れる公算でもあるんだろうか。自分としては、どこにでもいそうなネコよりのゲイ、なはずなんだけど。
 それでも結局、出演するのはその一本だけって事で了承した。だってこれに頷けば、これ以上AVに出る必要がなくなる。
 春休みはまだ残っていたし、出演の打診も幾つかはあったが、それらは全部断った。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。