金に困ってAV出演してみた2

1話戻る→   目次へ→

 白い壁に囲まれた小さな部屋の中、置かれているのはシンプルな白いパイプベッドと、怪しげな白い箱だけだった。
 ベッドに腰掛け、壁に向かう黒い学生服の背中を見つめているところから、撮影はスタートした。
 唯一の出入り口である、壁に作られた白いドアをガチャガチャと鳴らしていた少年が振り返って、開きそうにないですと困った顔で告げる。
「そっ、か……」
 返す声はぎこちなく、更に緊張で少し震えていたかも知れないが、多分設定的になんの問題もない。
「ヤラないと出られないって、マジだと思います?」
 ベッドへと戻ってきた少年がベッドの上に置かれた紙を指差すと、カメラがその紙に寄っていく。その紙には真っ赤な太字で大きく「SEXしないと部屋の鍵は開きません」と書かれている。
「やるなら俺、突っ込む側がいいんですけど」
 演技の続きに戻るようサインが出て、相手がそう言いながら隣に腰を下ろしてくる。
 すぐ傍らにカメラを抱えたスタッフが居るというのに、全く気にした様子もなく堂々としていて自分とは全然違う。さっき聞いた話によれば、彼も今日が初の撮影らしいのに。
「ほ、ほんき、で?」
「それ、どういう意味で?」
「どういう、って……」
「本気でセックスする気かって話なら、それ試す以外、他にやれそうなことないんで。取り敢えず試したいってのは本気で思ってますけど」
「それは、うん、まぁ、俺も、そうするしかないって、思ってる、けど」
「てことは、突っ込みたいが本気かって事?」
「だって……」
 さすがにその先は言葉にしなかったけれど、何を躊躇ってるかは多分相手にも伝わっていると思う。だって今回の撮影では、どっちが抱く側になっても良いらしいのだ。一通り目を通した台本は、本当に部屋の設定や二人の状況が書かれている程度のいい加減な出来だった。
「おにーさんが、俺に任せとけってタイプなら、俺が抱かれてもいいですけど。でも俺、処女なんで、結構手間かけさせると思いますよ?」
「え、嘘。バリタチなの?」
 自己紹介の中にはタチネコの話はなかったし、渡された台本の設定的に、てっきり相手もリバ可なんだと思っていた。
「バリタチ、なんて単語が咄嗟に出てくるくらいだから、おにーさんだって、こっちの人でしょ?」
「あ、」
 ゲイAVの撮影に来てるんだから、相手だって当然ゲイなんだという認識だったけれど、そういや見知らぬ他人といきなり部屋に閉じ込められている設定だった。
 本当に見知らぬ他人と部屋に閉じ込められてセックスを強要されたなら、まずは相手のセクシャリティを気にしたとしても不思議じゃない。というか、当たり前に相手もゲイだと認識してる方がおかしい。
「セックスしないと出られないぞ、なんていう妙な部屋に見知らぬ男二人閉じ込めるなら、ノンケ連れてくることはないだろうと思ってたけど、やっぱりね。で、おにーさんは? ネコ経験有るなら、俺の童貞食って欲しいんだけど、ダメ?」
「待って。待って。情報多い。え、なに? 今、童貞って言った?」
「言った」
「え、ちょっと、意味分かんない。なんで童貞の処女がゲイAVの撮影なんて、」
「あっ」
「はいカット」
 相手が慌てるのと、撮影の中断が宣言されたのはほぼ同時だった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。