金に困ってAV出演してみた7

1話戻る→   目次へ→

 どうやら映像内の自分は、せっかく用意されてるなら使ってみたいなぁという、相手のおねだりに負けたらしい。らしい、というのは、はっきりとそういった会話のやり取りなどはしておらず、相手がそれっぽいセリフを吐いていた事からの推測だ。
 まぁオモチャを使うことになった流れなんて、きっとたいして重要じゃない。
 そんなわけで、一緒に閉じ込められた相手があなたで良かったとかなんとか、ニコニコ笑顔で言われながら、ローターをあちこち当てられて感じる場所を探されたり、あれこれ体位を変えながらアナルスティックを出し入れされたりを経て、現在は仰向けにM字開脚でウネウネと動き振動するバイブを押し込まれながら喘いでいた。
「んっ、ぁっ、あ、ああっ、きもち、ぁっ、あっ」
「ここであってる?」
 確認するように、バイブの先端が中の弱い所を緩く突いてくる。お腹の中からゾワゾワ湧き出す気持ちよさには、間違いなく期待も混じっていた。
「ん、ぅん、そこ、それっ」
 頷けば、さらにグッと強く押し当てられた上で、モードを変えられたらしく振動もうねりも加速する。
「ぁあああいくっ、またいっちゃう、いっちゃう」
「ん、いいよ。いって。さっきみたいに、上手に出せる? おちんちん触られなくても、白いのこぼして気持ちよくイッちゃうとこ、今度はちゃんと、見せてね?」
 その言葉に引き寄せられるみたいに、カメラが移動するのを意識の端で認識していた。さっき四つ這いでアナルスティックを出し入れされながらも一度トコロテンでイッてしまったのだけれど、射精の瞬間はあまり上手くカメラに収められなかったらしいから、今度こそというのがあるんだろう。まぁトコロテンしそうって時に、四つ這いから体を起こしてカメラの前にペニスを晒すなんてテクを初心者に求められても困るし、カメラマンは何やら悔しがっていたものの、相手役の彼は、トコロテンでイッたという事をめちゃくちゃに褒めてくれたんだけど。本気で感動しまくった様子で、もう一度、今度は仰向けでしてみせて、と言われての現在なんだけど。
「ああ、いくっ、でるっ」
 せり上がる射精感とふくれあがった快感の波に飲まれながら、体を、主には腰を、ガクガクと揺すってしまう。ただ、三回目ともなると、やはりかなり少なかったんだと思う。射精している、という感覚はあまりなかった。
 それでもバイブのスイッチを切った後はすぐに、にこにこ笑顔が息を整えるこちらを窺うように覗き込んできて、すっごい可愛かったと何度も軽いキスを繰り返してくる。オモチャでトコロテンしてこんな反応をされるのはもちろん初めてで、さっきの会話を意識しての態度だってわかってても、胸の中がこそばゆいような嬉しさで満ちていく。
「ん、でも、あんま、出なかったんじゃ……」
「うん。だって三回目だもんね。でも、たら〜ってこぼれ出て、もう出せるもの無いよ、でももっと出したいよって感じに、何度もビクビクしてるのとか、ほんと凄い可愛かったから。めちゃくちゃ興奮した」
「そ、なら、いいんだけど……」
「ね、もう一回、って言ったらどうする?」
「えっ」
「おにーさんが気持ちよくイクとこ、何度だって見たい」
 スイッチは切られたもののまだお腹の中にあるバイブの持ち手に手を伸ばした相手が、かなりゆっくりとした動きで前後させるのに合わせて、またすぐに甘い息を零してしまう。
「ぁ……でもぉ……セックス、しないと」
「うん。セックスしないと、俺がおにーさんに突っ込まないと、この部屋、いつまでも出れないよね」
「ぁ、ぁあっ、ならっ」
「でも逆に、俺が突っ込まない限り、いつまでもおにーさんが可愛くイクとこ、見てられるのかなって」
 早く抱きたいのに抱きたくないよと困り果てた顔で言われて、その困り顔になんだかキュンとしてしまう。撮影慣れした相手の言葉や態度や表情を真に受けるべきではないと思うのに、本気で惜しまれていると思いたくなっている。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。