脅されて高校生に買われています

キスのご褒美で中学生の成績を上げていますから続いていますが、単体でも読めると思います。

 アパートの壁が薄いから、声をなるべく発してしまわないように、両手で口を押さえて必死で耐えている。
 くちゅり、くちゃり、と時折小さく音を立てているのは自身の肛門からで、今日は束ねてゴムを被せたペンが出入りしているはずだ。
 結局何本入れられているのか、増やすたびに実況する声だけは耳に届いていたが、とてもじゃないが覚えていられない。その場所がどんな風に拡がり緩んでいくかもつぶさに語ってくるので、そんなものは知りたくないし聞きたくなかった。だから、相手の声は音として耳に入っても、なるべく聞き取らないようにしていた。
 彼にとって自分のこの体は、単なるオモチャでしかない。
 彼には、こちらの性対象が男であることも、抱かれる側になる方が圧倒的に多いことも、知られている。知られたその時にさっさと逃げて、彼との縁を切ってしまわなかったことが本当に悔やまれる。
 あの時彼はまだ中学生で、家庭教師先の教え子だった。待遇の良さなどもあって、彼という生徒を手放したくないと思ってしまったのが敗因だ。
 興味の対象が自分に向いているのをわかっていて、成績向上と引き換えにキスを許したりするべきじゃなかった。最初は相手からキスすることを許しただけだったはずのそれは、少しずつエスカレートして、請われて手で慰めてやったのが決定打だった。まさか盗撮なんて真似をしているとは思っていなかった。
 それを証拠として出されたら、自分は簡単に犯罪者の烙印を押されていただろう。ゲイであることすら普段は極力隠して生活していたから、少年相手に淫行罪だなんて最悪の事態だ。
 こちらのそんな事情ももちろんしっかり把握されていて、証拠動画をたてに要求されるいろいろを断りきれなかった。そうして、彼の手には証拠動画が積み上がっていくという悪循環にはまってしまった。
 それでも、彼が中学を卒業するまでは、行為自体はここまで酷くなかった。中学生の教え子へ手を出す家庭教師、という証拠動画を撮影するため、どちらかと言うと彼への奉仕が主だったからだ。
 どう言いくるめたのか知らないが、彼の高校入学を機に彼の家へ通うのではなく、彼がこちらに通うようになった。目的はわかりきっていたが、当然こちらに拒否権などはない。
 すでに勉強なんてほぼ教えていなかったが、彼が通ってくるようになってから、一緒に教科書を開いたことは一度だってなかった。この部屋で開くのはいつだってこの体だけだ。
 持ち前の知性と駆使した情報とであっさりこの体を攻略した彼は、旺盛な好奇心で現在は更なる開発に取り組んでいる。
 体も心もこの異様な関係に慣らされきって、入れられているのはペンだとわかっているのに、無機質でゴリゴリとしたそれらの束を、揺すられ軽く前後に動かされるだけで、足の先から頭の上まで緩くしびれるような感覚が走ってたまらない。どれだけ声を飲み込んでも熱い息は抑えきれず、時折たまらず甘く鼻を鳴らして、より強い刺激を求めてしまう。
「腰揺れてきてるよ、センセイ。キモチイイんだね。こんなんでもちゃんとイけそうだ」
 嫌だと示すように首をゆるく横に振ってはみるが、やはり止めてはもらえない。
「今日はどこまでなら拡げても感じられるか確かめたいって言ったよね。センセイがイくたび、ペンの数増やしてくつもりだからさ。おしりでなら何度イッてもいいからね」
 耳に届く声は甘やかで楽しげだ。
「だいぶ慣れてきたみたいだし、ちょっと一度これでイッてみようか。センセイのイイトコ、いっぱい突いてあげる」
「ふぁっ、ぁあっ、んあぁぁっ」
 動きが大きくなり、中の弱い部分に押し付けるように擦られると、両手で口を覆っていてさえ歓喜の声があふれてしまう。
「声漏れちゃってるよセンセイ。俺はいいけど、声、隣に聞こえちゃったらマズイんでしょ?」
 ほら頑張ってこらえてと囁く声も、やはり楽しくてたまらない様子だった。
「ぐうっ、……ううっ、ん……ん、んっ!」
 必死で声を飲み込むのに合わせるようにグイグイと刺激されて、体は昂ぶりきって、そのままドライでオーガズムを迎えてしまう。ギュウときつく閉じた瞳からでもボロリボロリと涙がこぼれ落ちていった。
「泣くほど気持ちよかった? もう少ししたら、少し本数増やそうね」
 ふふっと笑う気配は残酷だ。ゆるやかな刺激は続いている。
 心のなかは絶望で満ちているのに、より強い快楽を約束された体は期待に昂ったままで、それがますます心に暗い影を落としていく。
 泣き顔を晒したって相手は喜ぶばかりだとわかっているのに、涙は止まりそうになかった。

 

 唯一の救いは、およそのプレイ時間に決まりがあることだろうか。勉強など一切教えては居ないが、一応これは家庭教師の延長上にあって、彼がここに滞在するのは決まった曜日の決まった時間だけだった。
 しかしそれと同時に、救いようのない状態に追い込まれてもいる。売りはしていないと言っているのに、学校では教わらないことを教わってるからと言って、彼が月謝という名のお金を置いていくからだ。
 力関係がはっきりしきっている現在、それを突っ返すだけの勇気はなく、結果仕方なく受け取り続けている。
 いくつも年下の高校生に脅された上、金で体を自由にされていると思うと、どうしようもなく情けなくて、彼の去った部屋に深いため息が満ちた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP