チョコ味ローション買ったんだって

 大学はとっくに春休みに突入していて、だから冬休み中になんだかんだあって付き合う事になった恋人から、バレンタインは一日デートしようって提案されたのは、当たり前に嬉しかったしチョコだってちゃんと用意した。すぐに冬休みは終わって試験期間に入ってしまったし、ちょこちょこ会ってはいたものの、デートと銘打って二人きりで出かけるのは初めてだった。
 待ち合わせて映画を見て、ランチして。ところどころ恋人扱いかなって思う場面はあるものの、基本的には友人だった頃のお出かけとそう大差がない。ただ普通に楽しいところに、妙なソワソワ感が混ざり続けるのは新鮮で、なんだか面白かった。
 さすがにまだチョコは渡せていないし、相手からもチョコ云々の話は一切ないけれど、でもきっと鞄の中にはちゃんとチョコが用意されているんだろうなというのはわかる。時折チラチラと不自然に視線が鞄を見つめるから、彼もどう渡そうかいつ取り出そうか迷っているのかもしれない。
 というか、チラチラと鞄を見つめるたびに、だんだん相手のテンションが落ちている気がするのがめちゃくちゃ気になっていた。
 午後はカラオケかボーリングか、少し移動して水族館なんてのもかなりデートっぽいねと言っていたものの、ランチセットのデザートがテーブルに乗ってもまだ午後の行き先が決まらずにいる。というか相手がイマイチはっきりしないというか、ノリが悪い。
 出来れば二人きりになりたいからカラオケが嬉しいけど、でもカラオケなんてあまりにありきたりで、普段から適度に利用しているせいでデートらしさはないなと思うし、せっかくだから水族館とか行ってみたい気もしないこともない。水族館なんてもう何年も足を踏み入れてないし。
 なんてことを考えながら、一部口にも出して、相手の決断を待つ。こちら任せでいいならそう言ってくるはずの相手だから、どうしようだのどれも悪くないだの言いながらもはっきりココがいいと言わない相手に、正直ちょっと焦っても居た。だって絶対おかしい。
 デートしようって言われた時の、今日顔を合わせた最初の頃の、楽しみで仕方がないみたいな相手の雰囲気は、今はもう消えてしまった。
 映画を見てご飯を食べただけだけど、何かやらかしてしまったのかもしれない。友人なら許せたけど、恋人と思ったら許せないとか。そういうの、ありそうな気がする。
 はっきり意思が決まってるなら言ってきそうだから、午後のデートに乗り気ではないけれど、キャンセルしたいと言い切るほどではなく迷ってる結果かもしれない。
「あのさ、どうしたの?」
「どうしたって、何、が?」
 またチラッと鞄を見つめる相手に掛けた声はあからさまに沈んでいて、相手は驚いた様子で慌ててこちらに視線を戻した。
「午後、出かけるのやめる?」
「えっ?」
「ここ出たらバイバイして、午後はお互い好きなことに時間使うんでもいいけど。それとも他に、どっか行きたいとこでもある?」
「あ、あ、ああ……ある、っつうか……あー」
 焦り過ぎでどもり過ぎな上に、酷く気まずそうな顔をしたかと思うと、がっつり俯きながらポケットから取り出した携帯に何やら打ち込んでいる。
 他に行きたいところがあったのか、とか。なんで言わないんだろう、とか。携帯持って何やってんだろう、とか。言葉には出さずに脳内でグルグル考えていれば、自分の携帯が着信を告げて小さく震えた。
 送信者は目の前の相手で、届いたメッセージにサッと目を通した後、一度顔を上げて相手を見つめる。
「返事は?」
 恥ずかしそうに顔を赤くしてそっぽを向きながら、ぶっきらぼうに返事を要求する相手に、小さく笑ってからいいよと返した。
「え、マジで?」
 抱かせてとか抱いてとか直接的なことを送られていたら、さすがにもう少し待って欲しいと渋ったかもしれないけれど、メッセージにはラブホ入って二人きりでイチャイチャしたいと書かれていたから、こちらからしてもそれは嬉しい提案だ。
 キスは何度かしていたし、その時の互いの雰囲気でその先も十分ありな関係なんだって自覚はあったものの、さすがに難しいなと思っていた。主に、場所という面で。なんせお互い実家からの通学組な上に、揃って母親は基本在宅している。
「うん、まぁ、お互い実家だとそういうとこ使うしかないよね、とは思うし」
 言いながらも携帯を弄って返信を送る。ラブホに行くのは構わないけど、男同士だと断られることがあるって聞いたことがあったから、その辺大丈夫なのってのを確かめておきたかった。
 もし全く想定していないで言っているなら、この店を出る前に、男同士でも入れそうなホテルを検索した方がいいだろう。
「あー……うん、それは調べてあるから、大丈夫。なはず」
「わかった。じゃあ、そろそろここ会計しよっか」
「あ、待って」
 再度携帯に何やら打ち込んでいるから、それが届くのを黙って待てば、やがて携帯が震えてメッセージが表示される。
 どうやら彼がチラチラと気にしていたあの鞄の中には、チョコの香りと味がするローションが入っているらしい。

バレンタインなので連載中のは一回お休み。チョコの香りどころか味までチョコな舐めれるローションてのが本当にあるらしい。

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP