フラれた先輩とクリスマスディナー

 サークルの先輩から、今から出て来れないかという連絡が入ったのは土曜の夕方だった。確か一日早いクリスマスを彼女と過ごすと言って浮かれていたはずだ。
 フラれたんですかと直球でメッセージを送れば、うるせー来るのか来ないのかどっちだと返って来たので、奢りなら行きますと返して家を出る支度を始める。家を出る直前にチェックした返信には、奢ってやるから急げと書かれていた。
 呼び出された先は最寄り駅から二駅ほど移動したターミナル駅の改札で、こちらの顔を見るなり遅いと文句を言いかけた先輩は、途中で言葉をとめて訝しげに眉を寄せる。
「どうです? ちょっとは可愛いですか?」
 さすがにスカートやらは履いていないが、ぱっと見ただけでは性別不詳な格好をしてきていた。性別不詳と言うか、普段大学へ行く時に着ているものより、格段に可愛らしい服を選んできた。ついでに言うと、目元にちょっとだけメイクもしている。
「つか何だよそのカッコ」
「彼女にドタキャンされた先輩に、彼女のために用意したディナー奢ってもらうお礼に、彼女のふりしてあげようかと。というか、俺に声かけたの、そのためじゃないんすか?」
 男性平均並の身長があるので、女性と考えたら背はかなり高い部類に入ってしまうが、母親譲りの女顔だという自覚はある。昔はしょっちゅう、今でもたまに、素で女性に間違われる事があるくらいだから、そのせいで呼ばれたのだと本気で思い込んでいたのだけれど。
「ばっ、……ちげーよっ!」
「じゃ、なんで俺なんです?」
「お前の家、確かこの辺だったっての覚えてただけだ。てか一番はやく来れるの、お前だと思ったんだよ」
 そう言った先輩は、そこで急いでいたことを思い出したらしい。時計を確認するなり、とにかく行くぞと歩きだす。
 連れて行かれたのはそこそこ名の知れたホテル内のレストランで、もしかしなくてもしっかり部屋まで押さえてあった。さすがに不憫過ぎる。思わずうわぁと声を漏らしてしまったが、先輩は黙れと言い捨て、さっさとレストランの中へと入っていく。
 料理はコースで決まっていて、飲み物は先輩がシャンパンをボトルで注文した。最初、自分だけ酒を頼んでもいいかと言った先輩に、先週誕生日だったので一緒に飲めますよと返した結果だ。ただ、一緒に飲めますとは言ったものの、実際にはほとんど飲まなかった。
 一口飲んだ瞬間、マズっと思ってしまったのが、先輩にあっさりバレたせいだ。
 美味いと思えないなら無理して飲むなよと言われて、ドリンクメニューのノンアルコール欄を突きつけられてしまえば、大人しく引き下がるしかない。しかし、ソフトドリンクにしろノンアルコールカクテルにしろ、どれもこれもめちゃくちゃ高い。選べない。
「あの、」
「なんだよ」
「水でいいです」
「値段気にしてんなら余計なお世話」
「いやだって、」
「パーッと金使いたい気分なんだから付き合えって」
 明日は彼女へ贈るクリスマスプレゼントを一緒に選ぶ予定だったそうで、そのために用意していたお金を使ってしまいたいらしい。ますます不憫だと思ったけれど、さすがにもう、うわぁと声に出してしまうことはしなかった。しなかったけれど、振られたんですかと聞くことはした。
「つまり急用ができてドタキャンってわけじゃなく、フラれたってことでいいんですかね?」
「聞くな」
「奢ってもらってるし、泣き言なり愚痴なり文句なり、なんでも聞いたげますけど」
「いやいい。飯まずくなりそうなことしたくねぇし」
 迷う素振りもなく断られて、ああくそカッコイイな、と思ってしまった。
「ホテルレストランで食事して、そのままホテルお泊りして、翌日はプレゼント買いに行くようなデートをドタキャンして振るって、先輩いったい何したんです?」
「お前な。その話はしなくていいっつの」
「フラれた理由、聞いてないんですか?」
「おい。いい加減にしとけ。つかなんでんなの聞きたがるんだよ」
「だってこんないい男をこのタイミングで振る理由、わかんないんすもん」
 嫌そうに眉を寄せていた先輩が、少し驚いたような顔をしてから笑い出す。
「いい男、ね。別に煽てなくていいぞ。さっきも言ったけど、お前に奢ってんのは、お前の家が一番近かったってだけだし」
「本気でいい男だって思ってますけど。あと、さっき言った彼女のふりしてあげましょうかも、割と本気だったんですけど」
「は?」
「傷心な先輩を、彼女の代りに慰めてあげよう。ってつもりで出てきたんで、もうちょい落ち込むなりして下さいよ。つかフラれたくせに隙なさすぎじゃないですか?」
 あ、ちょっと余計なことまで言い過ぎた。これ以上漏らさないよう、慌てて口を閉ざした。
「なんだそりゃ。慰めなんていらねーし」
 先輩はまるで気づかなかったらしく、ホッと胸をなでおろす。さすがにこれ以上この話題を続けるのはやめておこうと、その後はサークルの話題をメインに乗り切った。
 ただ、シャンパンをほぼボトル一本飲み干した先輩はいつの間にかかなり酔っていて、仕方なく足元がフラフラの先輩をチェックイン済みだという部屋まで連れて行く。
 ダブルの大きなベッドに先輩をごろりと転がし、じゃあ帰りますねと声を掛けたら、服の裾をガッツリ握られ引き止められた。
「なんすか? 何かしておいて欲しいことでもありますか?」
「今、俺、隙だらけなのに帰んの?」
「はい?」
 言葉は返らず、酔ってトロリとした目で睨みつけてくるからドキリとする。
「えっと、慰めはいらないって……」
「慰めろとは言ってない。後、俺がフラれた理由、多分、お前」
「は? えっ? なんすかそれ」
「さぁ?」
 くふふと笑った相手は、多分間違いなくただの酔っ払いだった。しかもその後目を閉じて、握っていた服もあっさり手放してしまう。
「えー……」
 零した声に返るのは寝息だ。その寝姿を眺めながら、取り敢えずシャワーを浴びようかなと考える。
 さすがにあんな意味深なセリフを吐かれて、そのまま帰る気にはなれない。どこまで覚えてるかわからないけれど、明日絶対問い詰めると心に決めて、バスルームへ移動した。

続きました→
どうしてもクリスマスネタやりたかった。二人はほんのり両片想い。先輩は彼女に男への恋情がバレて振られた感じ。

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP