雷が怖いので プレイ36

1話戻る→   目次へ→

 今度は意識がはっきりしたままなので、脇やらスネやらに生えた毛を丁寧に剃り上げられるだけでも十分に恥ずかしい。あとスネはともかく、脇の下を滑るカミソリの感触はちょっと擽ったい。
 自分で剃れる、という主張は当然あっさり却下されたし、相手は随分と真剣で、そのくせ酷く楽しげだし、許可したのは自分だし、別に嫌なわけじゃない。でも性的興奮を煽るような触れ方はされてないのに反応してしまうのは恥ずかしいし、それを見てニヤつかれるのも恥ずかしい。
 からかわれるのでもいいから、いっそ何か言ってくれればいいのにと思う気持ちもあるが、何を言われたって恥ずかしい気持ちが増すだけだとわかってもいる。
「のぼせそう……」
 恥ずかしさで、という意味で呟いた言葉は多分相手にも正確に伝わったと思うのだけど、壁のフックに掛けられたまま湯を吐き出し続けているシャワーの、湯温を少し冷たいくらいに下げるという対応をされた。
 傍らの床に跳ねるぬるい水が、浴室内にこもる熱気をいくぶん払ってくれるようで、頭がスッキリしてくる気がする。のぼせそうなのは事実で、顔が熱くてぼんやりするのは、羞恥からだけじゃなかったらしい。
 げんきんなもので、頭の中の靄が晴れたら、この状況を楽しめる余裕が少しばかり自分の中にも湧いてくる。だっていつも見上げてばかりの彼を、見下ろす状況なんて珍しい。
 目の前に片膝をついて、立てた方の膝上にこちらの足を乗せて、熱心にカミソリを這わせている。そんな彼へこちらも熱心に視線を注ぎ続けてしまえば、気づいた彼が顔を上げて、ふ、と楽しげな吐息を漏らした。明確に笑っているわけではないけれど、柔らかな表情はかすかな笑みを湛えている。
 楽しそうで良かったと思うし、彼のそんな様子がたまらなく嬉しいとも思う。
 童顔とあいまってますます子供みたいになってるはずだし、もしかしたらこの後、また幼い言葉遣いをねだられるかもしれない。わかってるし予測もしてる。もし本当にそれを求められたら、応じる気でもいる。
 それで彼が満足気にしてくれるなら、多分きっと、もっともっと嬉しくなれる。
 だって、好きな人が喜んでくれたら、楽しそうにしてくれたら、嬉しいに決まってる。ツルツルにされるくらい、実年齢を大きく離れた幼い子供扱いされるくらい、どうってことないと思える。
 彼が欲しいものも、したいことも、自分にできることは全部叶えてあげたい。こちらが差し出せるものは全部差し出したい。
 良かった、嬉しい、という気持ちが、彼が好きだという気持ちへ転化していく。好きだ好きだと、胸の内で想いを膨らませてしまう。
「もう、終わるよ」
 ゆっくりと足を降ろされて、目の前に跪いていた彼が立ち上がる。湯温を戻した温かなシャワーが掛けられて、毛を剃るために塗られていたシェービング剤を流していく。
 肌を撫でていく手つきはやっぱり酷く丁寧で優しかった。
「好き……」
 膨らみきって抱えきれなくなった想いが、ほろりと音になってこぼれ落ちていく。
 返るのは優しいキスだけだけれど、繰り返し落とされる優しいキスは、この想いを否定も拒絶もせずにいてくれるから、ちょっとくらいの胸の痛みは我慢してしまう。胸が痛いとか、抱えてしまった想いが辛いとか、そう言って泣いて彼を困らせるより、優しく降るキスが嬉しいと笑ってみせるほうがいい。
「好き、……好き、です」
 キスの合間にもほろほろと想いを零してしまうせいで、キスはいつまで経っても終わる気配がない。だから自分で先を誘った。
「ね、早く、ベッドへ」
 好きの言葉をぐっと飲み込み、待ちきれないとばかりにねだる。
 好きだと返さなくていいから、彼の指も舌も肌も、もっともっと感じたかった。心に触れて貰う代わりに、彼以外には決して触れさせない、体の深い場所へと触れて欲しかった。
 早く、と口に出したせいか、本当に待ちきれなくなる。早く早くと気がはやる。
 はやく、埋まらない心なんて気にならなくなるくらいに、彼の熱で、その熱に呼び起こされるキモチイイで、体の中も頭の中も満たされてしまいたい。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP