ツイッタ分(2018)

ツイッターに書いてきた短いネタを纏めてみました。

有坂レイへのお題は「爪痕」、ぬるいBL作品を1ツイート以内で創作しましょう。

爪痕とか残してくれても良いんだよと君は言う。まだ僕らがただの友人だった頃、君は彼女の残した爪痕を誇らしげに見せつけてくれたっけ。つまり君にとっては、恋人から貰う爪痕は愛の証なんだろう。ねぇ、でも、男の握力でその背に縋ったらどうなると思う?
だからこの手に握るのはシーツでいいんだ。


有坂レイへの3つの恋のお題:可愛いにも程がある/試してみる?/ありふれた言葉だけど
https://shindanmaker.com/125562

好きだと言ったら俺もと返った。友情じゃなくて恋愛感情でと訂正すれば、やっぱり俺もと返ってくる。本当にわかってんのか。なら俺とセックス出来るっての?と聞けば、なら試してみる?と言って相手が笑った。近づいてくる彼に、心臓が跳ねる。

ありふれた言葉だなと思いながらも、なら試してみる?と笑いかければ、目の前の男の顔が赤く染まった。距離を詰めるように踏み出せば、逃げるように後退る。逃がすわけない。腕を掴んで引き寄せてその顔を覗き込む。少し怯えるみたいに揺れる瞳。自分で誘ったくせに可愛いにも程があるだろ。


有坂レイのクリスマスへのお題は『背中越しに感じるぬくもり・やわらかい唇・カラフルな世界』です。

ぼんやりと電車の中の釣り広告を見ていたら、今から行こうか、と隣に立つ男が言った。嫌だよ、と言えば、なんでと返される。いくら恋人という関係だって、男二人でクリスマスイルミネーションを見に行くのはなんとなく抵抗がある。けれど気にする必要ないって返ってくるのはわかっていたから、理由は言わなかった。言わなかったのに、誰も気にしないって、と返ってくる。
結果、抵抗しきれず連れて行かれたカラフルな世界に圧倒されて、やっぱりぼんやりと立ち尽くしてしまえば、ふいに背中に暖かなぬくもりと重みが掛かる。ビックリして肩を跳ねたけれど、やっぱり誰も気にしないって、という優しい声音と共に、耳にやわらかな唇がそっと触れたのがわかった。

年下攻めにカウントダウンされ追い詰められてく年上受け見たい、というたまたまTLに流れてきた人様のツイートに反応してしまった結果

 目の前の青年とは、親子ほども年が離れている。なんせ同い年の友人の息子なので。
 数年前のあの日、幼いながらも友人と良く似た真剣な顔で、好きだと言われ、付き合って欲しいと請われて魔が差した。
 遥か昔、まだこの彼が生まれるよりも前、友人の結婚報告を聞いた時に枯れたはずの想いが、胸の奥で疼くのを感じてしまった。もとより告げる気などなかった癖に、枯らしきって捨てる事すら出来ないまま見ないふりを続けてきた、どうしようもなく臆病で卑しい自分を知っている。
 十年後も同じ事が言えたら付き合ってやるだなんて、言うべきじゃなかった。きっと友人そっくりに育つのだろう目の前の少年に、少しだけ夢を見てしまったのだ。
 昔、叶うことのなかった想いを掬い取られ、大好きだった男の顔と声が、自分に好きだと告げてくれるかも知れない、なんて。  
 年々、出会った頃の友人に似ていく彼に、年々、あと何年だと嬉しげにカウントダウンされるたび、追い詰められていくのがわかる。このまま彼の想いが続いてしまったらどうするんだと、今更ながら焦りが募る。子供の想いを甘くみて、続くはずがないと思ったからこそ、そこにチラリと夢を見ただけだった。
 いつか友人にこの約束を知られて失望されるのは怖くて、なのに約束をなかったことにして目の前の彼に失望されるのも嫌で、身動きが取れないまま、またひとつ、カウントダウンの数字が減った。


BLサイコロ「来年のカレンダー記念日にこっそり印をつける」

 弟の部屋に早々と来年のカレンダーが飾られているのを知ったのは偶然だ。先日、夕飯だと呼んでいるのにちっとも降りてこないから、直接呼んで来いと母に言われて部屋まで行った。
 ドアを叩けばすぐにチョット待ってと返ってきたから、寝ていて気づいていないとかではないらしい。一応、開けるぞと宣言してから、内鍵などない部屋のドアを開けたら、弟は腕組みの仁王立ちで壁を睨んでいるようだった。正確には、壁ではなく、壁にかかったカレンダーをだ。
「何してんの?」
「んー、カレンダーの位置、決めてるだけ」
「いやまだ早くない?」
「そうなんだけど。でもせっかく届いたし、早く飾りたいなって」
 表紙もいいから、1月になっていきなり表紙を破って捨ててしまうのが勿体無いらしい。そもそも自分の部屋には壁掛けのカレンダーなど置いていない身としては、わざわざ好みのカレンダーを通販してまで部屋に飾る、という弟の嗜好が今ひとつわからない。でも相当真剣にカレンダーを飾る位置を悩んでいるのはわかった。わかったが、夕飯の時間だということも分かって欲しい。
「それはわかったけど、でも先に夕飯食っちゃってよ」
 夕飯後にゆっくり決めてといえば、確かにと苦笑してやっとこちらに振り向いた。
 そして今現在、弟は外出中で家に居ない。鍵の掛からないドアを開けて、ペンを片手に弟の部屋に忍び込む。カレンダーの記念日に書き込みしてやれという小さなサプライズだ。
 だって今年の夏の終わり、ふと気づいて一年経ったなって言ったら、めちゃくちゃ慌てた様子でケーキを買いに走っていった。別に記念日を祝いたいなんて気持ちで言ったわけではなかったのだけれど、それでも、兄弟で恋人だなんて関係になったことを欠片も悔いていないどころか、一周年を共に祝おうとしてくれる態度にホッとしてしまったのも事実だった。
 来年は絶対に忘れないから、また一緒にお祝いしようと言い切る弟が、頼もしくて大好きだ。でも記念日をしっかり覚えていて祝う、というのにあまり向かない性格なのも知っている。なんせ、自分の誕生日すら忘れきっている年がある。
 だからこそ、カレンダーに書き込んでおいてやろうと思った。その月になったらちゃんと気づけるように。
 けれど、目的の月の頁をめくれば、そこにはすでに印が付いていた。日付の端に付けられた小さな赤いハートに違和感はあるものの、意味がわかっていれば照れくささが半端ない。
 しばしそれを見つめてひとしきり一人で照れたあと、別の月のページを捲った。そこには何も印がない。だから用意してきたペンで、目当ての日付のマスにHappy Birthdayと書き込んだ。


これで今年の更新は最後になります。
一年間お付き合い下さりどうもありがとうございました〜
連載中の「兄は疲れ切っている」が年内にエンド付かなかったので、今の所、2日から通常通り更新していく予定でいます。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。