ツイッタ分(2018)

ツイッターに書いてきた短いネタを纏めてみました。

有坂レイへのお題は「爪痕」、ぬるいBL作品を1ツイート以内で創作しましょう。

爪痕とか残してくれても良いんだよと君は言う。まだ僕らがただの友人だった頃、君は彼女の残した爪痕を誇らしげに見せつけてくれたっけ。つまり君にとっては、恋人から貰う爪痕は愛の証なんだろう。ねぇ、でも、男の握力でその背に縋ったらどうなると思う?
だからこの手に握るのはシーツでいいんだ。


有坂レイへの3つの恋のお題:可愛いにも程がある/試してみる?/ありふれた言葉だけど
https://shindanmaker.com/125562

好きだと言ったら俺もと返った。友情じゃなくて恋愛感情でと訂正すれば、やっぱり俺もと返ってくる。本当にわかってんのか。なら俺とセックス出来るっての?と聞けば、なら試してみる?と言って相手が笑った。近づいてくる彼に、心臓が跳ねる。

ありふれた言葉だなと思いながらも、なら試してみる?と笑いかければ、目の前の男の顔が赤く染まった。距離を詰めるように踏み出せば、逃げるように後退る。逃がすわけない。腕を掴んで引き寄せてその顔を覗き込む。少し怯えるみたいに揺れる瞳。自分で誘ったくせに可愛いにも程があるだろ。


有坂レイのクリスマスへのお題は『背中越しに感じるぬくもり・やわらかい唇・カラフルな世界』です。

ぼんやりと電車の中の釣り広告を見ていたら、今から行こうか、と隣に立つ男が言った。嫌だよ、と言えば、なんでと返される。いくら恋人という関係だって、男二人でクリスマスイルミネーションを見に行くのはなんとなく抵抗がある。けれど気にする必要ないって返ってくるのはわかっていたから、理由は言わなかった。言わなかったのに、誰も気にしないって、と返ってくる。
結果、抵抗しきれず連れて行かれたカラフルな世界に圧倒されて、やっぱりぼんやりと立ち尽くしてしまえば、ふいに背中に暖かなぬくもりと重みが掛かる。ビックリして肩を跳ねたけれど、やっぱり誰も気にしないって、という優しい声音と共に、耳にやわらかな唇がそっと触れたのがわかった。

年下攻めにカウントダウンされ追い詰められてく年上受け見たい、というたまたまTLに流れてきた人様のツイートに反応してしまった結果

 目の前の青年とは、親子ほども年が離れている。なんせ同い年の友人の息子なので。
 数年前のあの日、幼いながらも友人と良く似た真剣な顔で、好きだと言われ、付き合って欲しいと請われて魔が差した。
 遥か昔、まだこの彼が生まれるよりも前、友人の結婚報告を聞いた時に枯れたはずの想いが、胸の奥で疼くのを感じてしまった。もとより告げる気などなかった癖に、枯らしきって捨てる事すら出来ないまま見ないふりを続けてきた、どうしようもなく臆病で卑しい自分を知っている。
 十年後も同じ事が言えたら付き合ってやるだなんて、言うべきじゃなかった。きっと友人そっくりに育つのだろう目の前の少年に、少しだけ夢を見てしまったのだ。
 昔、叶うことのなかった想いを掬い取られ、大好きだった男の顔と声が、自分に好きだと告げてくれるかも知れない、なんて。  
 年々、出会った頃の友人に似ていく彼に、年々、あと何年だと嬉しげにカウントダウンされるたび、追い詰められていくのがわかる。このまま彼の想いが続いてしまったらどうするんだと、今更ながら焦りが募る。子供の想いを甘くみて、続くはずがないと思ったからこそ、そこにチラリと夢を見ただけだった。
 いつか友人にこの約束を知られて失望されるのは怖くて、なのに約束をなかったことにして目の前の彼に失望されるのも嫌で、身動きが取れないまま、またひとつ、カウントダウンの数字が減った。


BLサイコロ「来年のカレンダー記念日にこっそり印をつける」

 弟の部屋に早々と来年のカレンダーが飾られているのを知ったのは偶然だ。先日、夕飯だと呼んでいるのにちっとも降りてこないから、直接呼んで来いと母に言われて部屋まで行った。
 ドアを叩けばすぐにチョット待ってと返ってきたから、寝ていて気づいていないとかではないらしい。一応、開けるぞと宣言してから、内鍵などない部屋のドアを開けたら、弟は腕組みの仁王立ちで壁を睨んでいるようだった。正確には、壁ではなく、壁にかかったカレンダーをだ。
「何してんの?」
「んー、カレンダーの位置、決めてるだけ」
「いやまだ早くない?」
「そうなんだけど。でもせっかく届いたし、早く飾りたいなって」
 表紙もいいから、1月になっていきなり表紙を破って捨ててしまうのが勿体無いらしい。そもそも自分の部屋には壁掛けのカレンダーなど置いていない身としては、わざわざ好みのカレンダーを通販してまで部屋に飾る、という弟の嗜好が今ひとつわからない。でも相当真剣にカレンダーを飾る位置を悩んでいるのはわかった。わかったが、夕飯の時間だということも分かって欲しい。
「それはわかったけど、でも先に夕飯食っちゃってよ」
 夕飯後にゆっくり決めてといえば、確かにと苦笑してやっとこちらに振り向いた。
 そして今現在、弟は外出中で家に居ない。鍵の掛からないドアを開けて、ペンを片手に弟の部屋に忍び込む。カレンダーの記念日に書き込みしてやれという小さなサプライズだ。
 だって今年の夏の終わり、ふと気づいて一年経ったなって言ったら、めちゃくちゃ慌てた様子でケーキを買いに走っていった。別に記念日を祝いたいなんて気持ちで言ったわけではなかったのだけれど、それでも、兄弟で恋人だなんて関係になったことを欠片も悔いていないどころか、一周年を共に祝おうとしてくれる態度にホッとしてしまったのも事実だった。
 来年は絶対に忘れないから、また一緒にお祝いしようと言い切る弟が、頼もしくて大好きだ。でも記念日をしっかり覚えていて祝う、というのにあまり向かない性格なのも知っている。なんせ、自分の誕生日すら忘れきっている年がある。
 だからこそ、カレンダーに書き込んでおいてやろうと思った。その月になったらちゃんと気づけるように。
 けれど、目的の月の頁をめくれば、そこにはすでに印が付いていた。日付の端に付けられた小さな赤いハートに違和感はあるものの、意味がわかっていれば照れくささが半端ない。
 しばしそれを見つめてひとしきり一人で照れたあと、別の月のページを捲った。そこには何も印がない。だから用意してきたペンで、目当ての日付のマスにHappy Birthdayと書き込んだ。


これで今年の更新は最後になります。
一年間お付き合い下さりどうもありがとうございました〜
連載中の「兄は疲れ切っている」が年内にエンド付かなかったので、今の所、2日から通常通り更新していく予定でいます。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

いくつの嘘を吐いたでしょう

 腹が減ったけれど自宅にまともな食材もなく、買い出しついでに何か食べてこようと外に出る。取り敢えず先に腹ごしらえからだと、駅前にある食券制の蕎麦屋に入った。
「あ、財布……」
 食券機の前に立ってから、財布を忘れてきたことに気づいて肩を落とす。これじゃあ何のために家を出たのかわからない。
 何やってんだろうと恥ずかしく思いながら踵を返した所で名前を呼ばれて、恥ずかしさから俯いていた顔を上げた。そこには会社でお世話になっている先輩が、片手を上げながら笑っている。
「あれ? 先輩?」
「なにお前、財布ないの?」
「あ、はい。てかどうしたんですか、こんな所で」
「天気いいから花見でもと思って、ふらっと電車乗って、ふらっと降りた。ら、ここだった」
「ああ、なるほど」
 駅近くにけっこう立派な桜並木が有るので、電車からそれを見つけて降りてきたってことなんだろう。
「おう。で、お前はなんでここ居んの? お前んちってこの辺だった?」
「はい。徒歩10分くらいですかね」
「へー。なら、今から戻って財布とってくんの?」
「あー……それは、」
 往復20分かけて、もう一度食べには来ない気がする。店員さんにさっき財布忘れた人だと思われそうで恥ずかしい。
 買い出し気分で出て来たけれど、再度家を出る気になるかすら怪しかった。ちょっと何かを失敗すると、やる気が一気に削がれてしまうのは良くない傾向だとは思うけれど、帰ったらそのまま引きこもってしまいそうだ。
 食料がないとはいっても、多分カップ麺の1個や2個は残っているはずだから、今日はそれを食べて凌げばいい。
 なんていうこちらの思考を読んだのかはわからないが、財布を手に先輩が立ち上がる。
「奢ってやるよ」
「え?」
「ここで会ったのも何かの縁だろ。で、暇ならちょい花見に付き合って」
「あ、はい。じゃあ、えっと、ゴチになります」
 軽く頭を下げて了承し、蕎麦を食べたあとは近くの桜並木を眺めながら歩いて、とりとめのない話をした。
 財布を忘れなければ、蕎麦を食べた後はスーパーに寄って買い物をする予定だったとは話したが、まさかそのまま一緒にスーパーへ行くことになるとも、自宅アパートへ先輩を連れて帰る事になるとも思ってなくて、我ながらビックリだ。
「なんもない上に狭いすけど、どうぞ」
 丁寧におじゃましますと告げてから、後ろについて上がってきた先輩は、チラッと部屋を見回した後で綺麗な部屋だなという感想をくれた。
「綺麗つーか、物が少ないつーか、なんか、めっちゃお前らしい」
「そーですか? まぁ、適当に座ってて下さい」
 買ってきた冷蔵品を冷蔵庫へしまいながら、同時に買ってきた惣菜を温めたり、箸やグラスを用意していれば、手持ち無沙汰だったらしい先輩が何か手伝うと言いながら寄ってくる。
「じゃあこれ、お願いします」
 言いながら、出していたグラスと箸を渡せば、先輩は機嫌良くそれを受け取り戻って行った。それを数回繰り返して、最後に、最初に冷凍庫に突っ込んだビールの缶を持ってテーブルにつく。
「お待たせしました」
「おう、じゃあ飲みますか」
 最初はこのまま飲みに行かないかという誘いだったはずが、気づけば家飲みしようという話になっていて、買ってきたツマミと酒は先輩の奢りだった。最初に飲む用の2本は冷凍庫へ入れたが、残り4本は冷蔵庫に入れてある。
「あ、待って下さい。先に立替分払います」
 ツマミと酒は奢りでも、それ以外にもあれこれ買っている。飲み始める前にそれらを精算しておくべきだろう。
「あ? あー、いやいいよ。買ったもん全部奢りで」
「へ? なんで?」
「臨時収入あったから? 飲み行こってのも俺の奢りでって言ったろ。それなくなった分。飲み行ってたら絶対もっと掛かるし、場所代てことで」
「え、ならもっと色々買い込んでくればよかった」
「そりゃ残念だったな」
 そうならないように今言ったんだと言って、先輩がやっぱり機嫌良く笑った。もともと愛想の良い人ではあるけれど、今日は会ってからずっとニコニコと笑いっぱなしで、よほど良いことがあったらしい。
「今日、随分機嫌いいですよね。臨時収入って、もしかしてパチとかお馬さんとかそれ系で大勝ちとかっすか?」
 驚いたのか少し目を瞠った後、それからおかしそうに笑って、パチでもお馬さんでもないけど大勝ちで機嫌がいいのは当たりだと言われた。
「宝くじ、競輪、競艇。あ、パチじゃなくてスロットとか」
「違いますー。そういうギャンブルやりませーん。つか今日、何の日かお前わかってる?」
「え?」
「エイプリルフール」
「が、どうかしました?」
「お前に会いに来たんだよ。で、お前呼び出す前にお前と会えて機嫌がいい」
「は? なんすかその嘘」
「うん。実は今日、俺はお前にたくさん嘘ついてるって話」
 だってエイプリルフールなんだもんなどと言って笑っている目の前の男は、既に酔っているようにも見える。まだ飲み始めたばかりなのに。
「さて、俺は今日、いくつお前に嘘を言ったでしょう?」
 どれが嘘だったと思うかなんて聞かれても、正直面倒くさいだけだった。
「そういうの面倒なんでいいです」
 ばっさり切り捨ててしまったけれど、そう言うと思ったと言って、やっぱり先輩は機嫌良さそうに笑っている。
 嘘つく張り合いのなさが良いなどと言われるのはなんとも微妙だったけれど、機嫌の良い相手と飲むタダ酒は美味しかったから、またお前とこんな風に飲みたいという言葉にも頷いた。
「今の、嘘じゃないけど」
「俺は今日、先輩と違って一つも嘘吐いてないんですけど」
 少々ムッとしつつ返せば、先輩は酔っていささか赤い顔をますます赤くして、どこか照れくさそうにヘラリと笑う。
「お前のそういうとこ、割と本気で、好きだなって思うよ」
 可愛いねなんて続ける口調はなんとも嘘っぽくて、でもなぜか、それも嘘ですよねとは聞けなかった。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

チョコ味ローション買ったんだって

 大学はとっくに春休みに突入していて、だから冬休み中になんだかんだあって付き合う事になった恋人から、バレンタインは一日デートしようって提案されたのは、当たり前に嬉しかったしチョコだってちゃんと用意した。すぐに冬休みは終わって試験期間に入ってしまったし、ちょこちょこ会ってはいたものの、デートと銘打って二人きりで出かけるのは初めてだった。
 待ち合わせて映画を見て、ランチして。ところどころ恋人扱いかなって思う場面はあるものの、基本的には友人だった頃のお出かけとそう大差がない。ただ普通に楽しいところに、妙なソワソワ感が混ざり続けるのは新鮮で、なんだか面白かった。
 さすがにまだチョコは渡せていないし、相手からもチョコ云々の話は一切ないけれど、でもきっと鞄の中にはちゃんとチョコが用意されているんだろうなというのはわかる。時折チラチラと不自然に視線が鞄を見つめるから、彼もどう渡そうかいつ取り出そうか迷っているのかもしれない。
 というか、チラチラと鞄を見つめるたびに、だんだん相手のテンションが落ちている気がするのがめちゃくちゃ気になっていた。
 午後はカラオケかボーリングか、少し移動して水族館なんてのもかなりデートっぽいねと言っていたものの、ランチセットのデザートがテーブルに乗ってもまだ午後の行き先が決まらずにいる。というか相手がイマイチはっきりしないというか、ノリが悪い。
 出来れば二人きりになりたいからカラオケが嬉しいけど、でもカラオケなんてあまりにありきたりで、普段から適度に利用しているせいでデートらしさはないなと思うし、せっかくだから水族館とか行ってみたい気もしないこともない。水族館なんてもう何年も足を踏み入れてないし。
 なんてことを考えながら、一部口にも出して、相手の決断を待つ。こちら任せでいいならそう言ってくるはずの相手だから、どうしようだのどれも悪くないだの言いながらもはっきりココがいいと言わない相手に、正直ちょっと焦っても居た。だって絶対おかしい。
 デートしようって言われた時の、今日顔を合わせた最初の頃の、楽しみで仕方がないみたいな相手の雰囲気は、今はもう消えてしまった。
 映画を見てご飯を食べただけだけど、何かやらかしてしまったのかもしれない。友人なら許せたけど、恋人と思ったら許せないとか。そういうの、ありそうな気がする。
 はっきり意思が決まってるなら言ってきそうだから、午後のデートに乗り気ではないけれど、キャンセルしたいと言い切るほどではなく迷ってる結果かもしれない。
「あのさ、どうしたの?」
「どうしたって、何、が?」
 またチラッと鞄を見つめる相手に掛けた声はあからさまに沈んでいて、相手は驚いた様子で慌ててこちらに視線を戻した。
「午後、出かけるのやめる?」
「えっ?」
「ここ出たらバイバイして、午後はお互い好きなことに時間使うんでもいいけど。それとも他に、どっか行きたいとこでもある?」
「あ、あ、ああ……ある、っつうか……あー」
 焦り過ぎでどもり過ぎな上に、酷く気まずそうな顔をしたかと思うと、がっつり俯きながらポケットから取り出した携帯に何やら打ち込んでいる。
 他に行きたいところがあったのか、とか。なんで言わないんだろう、とか。携帯持って何やってんだろう、とか。言葉には出さずに脳内でグルグル考えていれば、自分の携帯が着信を告げて小さく震えた。
 送信者は目の前の相手で、届いたメッセージにサッと目を通した後、一度顔を上げて相手を見つめる。
「返事は?」
 恥ずかしそうに顔を赤くしてそっぽを向きながら、ぶっきらぼうに返事を要求する相手に、小さく笑ってからいいよと返した。
「え、マジで?」
 抱かせてとか抱いてとか直接的なことを送られていたら、さすがにもう少し待って欲しいと渋ったかもしれないけれど、メッセージにはラブホ入って二人きりでイチャイチャしたいと書かれていたから、こちらからしてもそれは嬉しい提案だ。
 キスは何度かしていたし、その時の互いの雰囲気でその先も十分ありな関係なんだって自覚はあったものの、さすがに難しいなと思っていた。主に、場所という面で。なんせお互い実家からの通学組な上に、揃って母親は基本在宅している。
「うん、まぁ、お互い実家だとそういうとこ使うしかないよね、とは思うし」
 言いながらも携帯を弄って返信を送る。ラブホに行くのは構わないけど、男同士だと断られることがあるって聞いたことがあったから、その辺大丈夫なのってのを確かめておきたかった。
 もし全く想定していないで言っているなら、この店を出る前に、男同士でも入れそうなホテルを検索した方がいいだろう。
「あー……うん、それは調べてあるから、大丈夫。なはず」
「わかった。じゃあ、そろそろここ会計しよっか」
「あ、待って」
 再度携帯に何やら打ち込んでいるから、それが届くのを黙って待てば、やがて携帯が震えてメッセージが表示される。
 どうやら彼がチラチラと気にしていたあの鞄の中には、チョコの香りと味がするローションが入っているらしい。

バレンタインなので連載中のは一回お休み。チョコの香りどころか味までチョコな舐めれるローションてのが本当にあるらしい。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

カウントダウンで怯えて泣いて1

 神への冒涜って感じがするから初詣だけは嫌だ。と言われていたので、とあるテーマパークの年越しカウントダウンイベントを選んだ。
 せっかくなので同じ学科の友人何人かに声を掛けたら、あれよあれよとそこそこの大人数になってしまったが、どうせ春には卒業だと思えば、万が一バレても残り数ヶ月がちょっと気まずい程度だろう。
 そういうことになったからと伝えるまでもなく、それは学科が一緒の恋人の耳にも入り、当たり前だが何考えてんだとめちゃくちゃ怒られた。それを、きっと最高に興奮する夜になるよと、うっとり笑って封殺する。この笑顔に相手が弱いことなんて、とっくに知ってる。
 もちろん気付かれないようにはするし、万が一の時には絶対に守りきってやるつもりではいるけれど、そんなこちらの覚悟を相手に知らせる必要はないだろう。互いの性癖を知ったことから、そういった関係になって日が浅いのもあって、まだまだ信頼なんて程遠いのはわかっている。でも信頼がないからこそ、相手の不安を大きく煽れそうだとも思っていた。

 カウントダウンを待つ人混みの中、仲間内では一番後方にそっと陣取り、右隣に立つ恋人にピッタリ寄り添ったあと、相手のポケットへ右手を突っ込んだ。コートはもちろん事前に細工済みで、手はそのままポケットを突き抜けて、すぐに相手の服へと触れる。
 相手がビクリと肩を跳ねるのに構わず、目指したのは当然股間部分で、そこにはズボンのフロントから引きずり出されているペニスが熱を持って硬く勃ち上がっていた。確かめるように触れた先端は、たっぷりと先走りを零してびしょびしょに濡れている。
 愛しさがこみ上げふふっと漏れ出る小さな笑いに反応して、ガチガチに緊張している相手が、チラリと縋るような視線を流してくるから、耳元へ口を寄せて可愛いと囁いてやった。囁きながら、握り込んでゆるゆると上下に扱きだす。
「ふぁ……んっっ」
「うん。声はなるべく我慢しとこうね」
 慌てて口を両手で押さえた相手に、アイツらに気付かれて振り向かれたら大変だもんねと釘を差してから、耳元へ寄せていた頭を離した。
 後はもう、カウントダウンの間中握ったペニスへ緩やかな刺激を送り続け、カウントゼロを数える間際に数度だけ、イかせる強さでギュッギュと扱く。大きく体を震わせたものの、根本を戒められているせいで、その程度で射精してしまうことはない。
 年が明けた瞬間にポケットからは手を引き抜いたけれど、ガクリと沈んだ隣の体を支えるのに必死で、お祝いムードで盛り上がる周りのテンションには一切乗れなかった。しかしそれも却って好都合というものだ。一番近くに居た友人に、向こうのベンチで休ませるからと声を掛けて、恋人を抱えて人波をかき分け隅のベンチへ向かって進む。
「ぁ、……っあ、ぁあっ……」
 口から外れた手はダラリと垂れ下がっていて、もう声を押さえ込む余力がないらしい。フルフルと頭を振って嫌がるのを無視して、脇の下から回した手でコート越しに相手の胸辺りをグニグニと強く揉んでやれば、泣いているようにも聞える切なげな吐息が漏れた。
 さすがにコート越しにピンポイントで乳首を責めてやることは出来ないけれど、胸の先に付けてやった飾りが揺すられれば、興奮してぷっくり腫れているだろう乳首に、十分な刺激が与えられているはずだ。
「気分は悪くなってない?」
 運んだベンチに腰を下ろさせ、自分は座らず正面に立って、相手を窺うように腰を曲げる。もちろん、感じ入ってトロトロになっているはずの恋人の顔を、自分の体で隠すためだ。
 両頬を手の平で挟んで少し強引に上向かせた顔は、想像通りに興奮しきって真っ赤になっている。少し怯えさせてしまったのか、潤んでユラユラと揺れる瞳が不安げだ。でも、怒っては居ない。まだまだ踏み込んでも良さそうだ。
「もう少し頑張れそう?」
 さすがにキツイのか、無理だというように首を横に振る仕草をした相手に、連れて帰るから暫く具合悪いふりしててと告げて、一度背後を振り返る。多少は落ち着いた様子の人混みの中から、そろそろ友人たちが出てくるだろう。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

フラれたのは自業自得1

フラれた先輩とクリスマスディナーの続き。先輩側。

 尿意で目覚めてトイレを済ませたついでに、シャワーを浴びてさっぱりしようと思い立つ。そうして目を向けた便器横のバススペースを見て、一瞬動きが止まった。
 だいぶ乾いているけれど、ところどころ水滴が残っているし、その他もろもろ、どう考えても誰かが使った形跡がある。誰かというか、そんな事が可能な人物は一人しか居ないのだけれど。
 じゃあ帰りますねと言われて、引き止めたことまではおぼろげながら覚えている。誘うような言葉を吐いて、でも欲しいのはフラれたことを慰めてくれるような優しい同情じゃないのだと、言ったような気がする。しかも、フラれたのはお前のせいだとも、言ってしまった気がする。
 でもそこから先の記憶がなくて、慌てて3点ユニットの小さなバスルームを飛び出した。
 明かりが落とされた暗い部屋でも、目を凝らせば自分が寝ていたスペースの隣に、人一人分の盛り上がりがあるのがはっきりわかる。もしかしたらやらかしたかもしれない不安を抱えてドキドキしながら、ベッドサイドに置かれたランプスイッチのツマミをゆっくりとひねっていく。
 相手の表情が分かる程度の明かりをともしてから、息を詰めつつその顔を覗き込んだ。酷く穏やかな顔で幸せそうに眠る相手を確認し、別の意味でドキドキしながら、再度スイッチを弄って部屋を暗くする。それからそっとまたバスルームへ移動し、扉を閉じてから大きな深呼吸を数回繰り返した。
 大丈夫。あんな顔で寝ていられるなら、酔った勢いで襲ったりはしていない。はず。多分酔ってあっさり寝落ちただけだ。
 それとも、記憶にないだけでもっといろいろ何か会話を重ねたのだろうか?
 そうじゃなきゃ、わざわざ泊まるまでするはずがない。……とは言い切れないような気もするのが、自分の勘違いやうぬぼれの可能性もあって、よくわからない。自分に都合がいいように解釈してしまいそうで混乱する。ついでに、さっき見た可愛らしい寝顔が、チラチラと何度も繰り返し脳内に蘇る。
 くらくらして纏まらない思考に、とにかく一度シャワーを浴びてシャッキリしようと思った。

 ちょっと生意気なところもあるけれど、なんだかんだ慕ってくれているのがわかる後輩を、こいつ可愛いな、と思うのは多分そうオカシナ感情ではないと思う。ただ相手は、中身はともかく見た目だけなら可愛い系とか言うらしいイケメンで、中性的なあのキレイな顔で懐かれ笑われると、なんとも言えない気持ちになる。
 よく皆平気だなと思っていたら、アイツがそこまで露骨に甘えてんのはお前くらいだと指摘されて、ますますなんとも言えない気持ちになった。
 彼は自分の顔の良さを自覚しているし、それを時にあざとく利用してもいる。だからその一端で、どうしたって戸惑いを隠しきれないこちらをからかって楽しんでいるのかと、そう疑う気持ちもあるにはあったが、わざわざ確かめることはしなかった。なんとなく、そこは突き詰めてはいけないような気がしていた。からかって楽しんでるだけなら、もうそれでいいと思う程度に、深入りするのが怖かった。
 そんな何とも言えない気持ちになる瞬間がじわじわと頻度を増していく中、同じ学科の女子から告白されて、思わず飛びついてしまったのは夏前だ。
 サークルには今まで通り顔をだすつもりだが、彼女が出来たから多少はそっちを優先することもあると大々的にサークルメンバーに伝えた時、彼は酷くあっさり良かったですねと笑って、おめでとうございますと続けた。安堵に混じるわずかな落胆に気付いてしまって、内心自分への嫌悪で吐きそうだったのを覚えている。
 まるで逃げるみたいに彼女を作ったことも、こんな試すような真似をしたことも、彼の反応に僅かでもガッカリしてしまったことも、どうしようもなく情けない。なんてみっともない男なんだろう。
 それでも、彼女を作ったことに後悔はなかったし、まるで利用するみたいに告白を受けてしまったからこそ、彼女のことは出来る限り大事にしてきたつもりだった。彼女の存在があるからこそ、自分と彼とは多少距離が近くとも単なるサークルの先輩後輩でいられるのだと、頭の何処かではっきりとわかっていたからだ。
 ただ、気付いてしまわないようにと胸の奥底へ沈めたはずの彼への想いを、暴いて焚き付けたのも、その彼女だった。それなりの頻度で会話にのぼらせてしまう、そのサークルの後輩の細かな情報を、その時の自分の様子を、彼女には抜群の記憶力で覚えられていた。
 お付き合いを開始してからそこそこの期間が経過していながらも自分たちの関係はキス止まりで、今回、クリスマスを機にもう一歩進んだ関係になるつもりだった。23日の土曜に泊りがけでクリスマスを過ごしたいと持ちかけた時、相手は随分と迷う様子を見せたが、それは単に、そろそろ肉体関係を持ちたいと示したこちらへの戸惑いだと思っていたのに。
 一度ははっきりと了承を告げたはずの彼女は、レストランを予約した時間まではのんびりしようとチェックインを済ませた部屋へ入るなり、真剣な顔で大事な話があると言い出した。そして、大事に思ってくれる気持ちは伝わっていたから恋人を続けていたけれど、本気の一番好きをくれない相手とこれ以上深い関係にはなりたくないと、この土壇場できっぱり言い切った彼女の前で、後輩に連絡を取る羽目になった。
 無意識で宿泊先にこのホテルを選んだ意味まで含めて色々暴かれ突きつけられてしまった後だったから、逆らう気なんてとても起きなかったし、後輩もあっさり捕まったけれど、後輩が来ることになって一気に冷静になる。不安になる。
 メッセージのやりとりと、その後一気にテンションを下げた自分を見ていた彼女は、自分たちの雑でそっけないやりとりに苦笑した後、きっと大丈夫だから頑張ってと言い、今までありがとうと柔らかに告げて去っていった。
 フラれたのはお前のせいだなんて、よくも言えたもんだ。こんなの、どう考えたって自業自得だ。
 彼女が言うところの、本気の一番好きを向ける相手とクリスマスを祝えるというのに、彼女が帰ってしまった後も気持ちは沈んでいくばかりだった。頑張ってと言われた所で、むりやり自覚させられたばかりの想いを持て余すだけで、どう頑張ればいいのかなんてわかるはずもない。呼び出しにあっさり応じた後輩だって、どういうつもりで来るのかさっぱりわからない。
 そもそも、今現在自分の中での一番好きが彼に向いているからと言って、後輩と恋人のように付き合いたいのか、もし彼が交際を受け入れたとして、デートしたりキスしたりいずれはそれ以上のことをしたい欲求があるのか、正直自信を持って回答できない。男同士であることへの嫌悪はなくても、そこに躊躇いがないわけじゃない。
 彼と恋人として付き合うことをあっさり受け入れられる精神構造なら、想いを沈める必要も、彼女を作る必要もなく、さっさと彼の本意を確かめていたはずだ。確かめて、もし好きだと返ってしまった場合にそれを受け入れられないと思ったから、彼女を作って自分から先輩後輩のラインをはっきり引いて示したし、彼もそれを受け入れた。
 それを、想いを自覚したからと言って、いきなり翻すのも人としておかしいだろうと思う。それはあまりに自分勝手だ。
 考えれば考えるほど、想いを自覚した所で、今すぐどうこうなんて考えられない。だから今日の所は、せっかくのクリスマスディナーを、一緒に美味しく食べることだけに集中しようと思った。するはずだった。
 なのにアイツが、見たことないレベルの可愛らしい格好をしてくるから。彼女のフリだの代りにだの言うから。フラれたことを喜ぶような素振りをするから。傷心なはずの自分を慰めたがるから。もっと隙を見せろと言うから。
 いや違う。そうじゃないだろう。後輩のせいにしてどうする。

続きました→
気になって続きを書いてしまったのですが、長くなりすぎたので切りました。2話で終わります。続きは明日9時半更新。
イベントネタのため、現在書いてる続き物より優先して上げてます。竜人の続きは28日から再開します。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

フラれた先輩とクリスマスディナー

 サークルの先輩から、今から出て来れないかという連絡が入ったのは土曜の夕方だった。確か一日早いクリスマスを彼女と過ごすと言って浮かれていたはずだ。
 フラれたんですかと直球でメッセージを送れば、うるせー来るのか来ないのかどっちだと返って来たので、奢りなら行きますと返して家を出る支度を始める。家を出る直前にチェックした返信には、奢ってやるから急げと書かれていた。
 呼び出された先は最寄り駅から二駅ほど移動したターミナル駅の改札で、こちらの顔を見るなり遅いと文句を言いかけた先輩は、途中で言葉をとめて訝しげに眉を寄せる。
「どうです? ちょっとは可愛いですか?」
 さすがにスカートやらは履いていないが、ぱっと見ただけでは性別不詳な格好をしてきていた。性別不詳と言うか、普段大学へ行く時に着ているものより、格段に可愛らしい服を選んできた。ついでに言うと、目元にちょっとだけメイクもしている。
「つか何だよそのカッコ」
「彼女にドタキャンされた先輩に、彼女のために用意したディナー奢ってもらうお礼に、彼女のふりしてあげようかと。というか、俺に声かけたの、そのためじゃないんすか?」
 男性平均並の身長があるので、女性と考えたら背はかなり高い部類に入ってしまうが、母親譲りの女顔だという自覚はある。昔はしょっちゅう、今でもたまに、素で女性に間違われる事があるくらいだから、そのせいで呼ばれたのだと本気で思い込んでいたのだけれど。
「ばっ、……ちげーよっ!」
「じゃ、なんで俺なんです?」
「お前の家、確かこの辺だったっての覚えてただけだ。てか一番はやく来れるの、お前だと思ったんだよ」
 そう言った先輩は、そこで急いでいたことを思い出したらしい。時計を確認するなり、とにかく行くぞと歩きだす。
 連れて行かれたのはそこそこ名の知れたホテル内のレストランで、もしかしなくてもしっかり部屋まで押さえてあった。さすがに不憫過ぎる。思わずうわぁと声を漏らしてしまったが、先輩は黙れと言い捨て、さっさとレストランの中へと入っていく。
 料理はコースで決まっていて、飲み物は先輩がシャンパンをボトルで注文した。最初、自分だけ酒を頼んでもいいかと言った先輩に、先週誕生日だったので一緒に飲めますよと返した結果だ。ただ、一緒に飲めますとは言ったものの、実際にはほとんど飲まなかった。
 一口飲んだ瞬間、マズっと思ってしまったのが、先輩にあっさりバレたせいだ。
 美味いと思えないなら無理して飲むなよと言われて、ドリンクメニューのノンアルコール欄を突きつけられてしまえば、大人しく引き下がるしかない。しかし、ソフトドリンクにしろノンアルコールカクテルにしろ、どれもこれもめちゃくちゃ高い。選べない。
「あの、」
「なんだよ」
「水でいいです」
「値段気にしてんなら余計なお世話」
「いやだって、」
「パーッと金使いたい気分なんだから付き合えって」
 明日は彼女へ贈るクリスマスプレゼントを一緒に選ぶ予定だったそうで、そのために用意していたお金を使ってしまいたいらしい。ますます不憫だと思ったけれど、さすがにもう、うわぁと声に出してしまうことはしなかった。しなかったけれど、振られたんですかと聞くことはした。
「つまり急用ができてドタキャンってわけじゃなく、フラれたってことでいいんですかね?」
「聞くな」
「奢ってもらってるし、泣き言なり愚痴なり文句なり、なんでも聞いたげますけど」
「いやいい。飯まずくなりそうなことしたくねぇし」
 迷う素振りもなく断られて、ああくそカッコイイな、と思ってしまった。
「ホテルレストランで食事して、そのままホテルお泊りして、翌日はプレゼント買いに行くようなデートをドタキャンして振るって、先輩いったい何したんです?」
「お前な。その話はしなくていいっつの」
「フラれた理由、聞いてないんですか?」
「おい。いい加減にしとけ。つかなんでんなの聞きたがるんだよ」
「だってこんないい男をこのタイミングで振る理由、わかんないんすもん」
 嫌そうに眉を寄せていた先輩が、少し驚いたような顔をしてから笑い出す。
「いい男、ね。別に煽てなくていいぞ。さっきも言ったけど、お前に奢ってんのは、お前の家が一番近かったってだけだし」
「本気でいい男だって思ってますけど。あと、さっき言った彼女のふりしてあげましょうかも、割と本気だったんですけど」
「は?」
「傷心な先輩を、彼女の代りに慰めてあげよう。ってつもりで出てきたんで、もうちょい落ち込むなりして下さいよ。つかフラれたくせに隙なさすぎじゃないですか?」
 あ、ちょっと余計なことまで言い過ぎた。これ以上漏らさないよう、慌てて口を閉ざした。
「なんだそりゃ。慰めなんていらねーし」
 先輩はまるで気づかなかったらしく、ホッと胸をなでおろす。さすがにこれ以上この話題を続けるのはやめておこうと、その後はサークルの話題をメインに乗り切った。
 ただ、シャンパンをほぼボトル一本飲み干した先輩はいつの間にかかなり酔っていて、仕方なく足元がフラフラの先輩をチェックイン済みだという部屋まで連れて行く。
 ダブルの大きなベッドに先輩をごろりと転がし、じゃあ帰りますねと声を掛けたら、服の裾をガッツリ握られ引き止められた。
「なんすか? 何かしておいて欲しいことでもありますか?」
「今、俺、隙だらけなのに帰んの?」
「はい?」
 言葉は返らず、酔ってトロリとした目で睨みつけてくるからドキリとする。
「えっと、慰めはいらないって……」
「慰めろとは言ってない。後、俺がフラれた理由、多分、お前」
「は? えっ? なんすかそれ」
「さぁ?」
 くふふと笑った相手は、多分間違いなくただの酔っ払いだった。しかもその後目を閉じて、握っていた服もあっさり手放してしまう。
「えー……」
 零した声に返るのは寝息だ。その寝姿を眺めながら、取り敢えずシャワーを浴びようかなと考える。
 さすがにあんな意味深なセリフを吐かれて、そのまま帰る気にはなれない。どこまで覚えてるかわからないけれど、明日絶対問い詰めると心に決めて、バスルームへ移動した。

続きました→
どうしてもクリスマスネタやりたかった。二人はほんのり両片想い。先輩は彼女に男への恋情がバレて振られた感じ。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁